株主優待の偽造券~フリマアプリなど注意か!?

株主優待の偽造券・・・以前に何度か聞いたことはありましたが、最近大きいニュースになったのが関門海と淀川製鋼所の2社です。

適切な言い方ではありませんが、微妙なところを狙った株主優待の偽造という印象でした。

偽造対策では少ない企業ですがホログラムのようなものを入れたり、偽造対策以外の点も含めてカード型になったりと株主優待もいろいろな形があります。

どういうものであれ偽造のリスクはありますので正規ルート以外のものは疑ってかかっても良いかもしれません。

スポンサーリンク

正規のルートというのは株主優待で直接企業などから送られてくるものになります。

2次以降の流通としてはメルカリやラクマ、ヤフオク等のネット販売品や金券ショップなどで取り扱われるものなどでしょうか。金券ショップは多少は偽造品を見抜くかもしれませんが、偽造券自体が一般的ではないでしょうから見落としもあるかと思いますので注意をしたほうが良いかもしれません。

私もたまにフリマアプリで購入したりしますが、複数同じものを買うときにはどの券がどの出品者さんのものかをチェックしています。

2次流通品といっても、本物の中にごく少量の偽物が紛れ込んでいる形になるので必要以上に敏感になることはないと思いますが念のためです。

株主優待は到着時期には出品が重なり価格が下落傾向にあります。それを大量に買っておいて時間が経った段階での差益を狙っている方もいらっしゃるようです。

同じ出品が大量にある方はこういうやり方をしているかもしれません。

そういう方は悪意はないと思いますが、知らないうちに偽造品を出品しているケースがないとも言い切れません。

購入の際には多少注意したほうがよいかもしれません。

購入して気づかずにお店で利用→発覚なんてなったら善意であっても目も当てられません・・。

出品者の評価はもちろんですが、扱っている商品をしっかりと見て同じような商品を繰り返し出品しているかどうかも見たほうが良いかもしれません。もしかしたら3次流通品以降のものであれば、もう追えないかもしれませんし・・・。わざわざ追わないか・・・。

ご購入の際にはくれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

だいぶ前のアダストリアはどこか他人事でしが、先日コシダカの優待を使うときに店員さんが券の右下(コシダカのマークのあたり)を目に近づけてチェックしていました。たまたまだと思いますが、偽造が出回っているのか??と思ってしまいました。

現状では10社以上の株主優待が見つかっているようですが、他にも発覚していないだけものもあるかもしれません。

カード式も良いですが結局残高を余らせて有効期限を迎えてしまうんですよね・・・。残高をチェックする手間を考えると、財布はかさ張りますが紙の優待券のありがたさを感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする