【2020年10月】優待クロス銘柄一覧および総括

2020年10月の優待クロスが終了しました。

今月の取得銘柄数は11銘柄(昨年10銘柄)にて終了しております。

9月に引き続き、個人的な10月クロスの総括を簡単にしてみます。

スポンサーリンク


2020年10月の総括

取得銘柄

10月の取得銘柄は以下の通りです。

基本的には取得順に並んでおります。

マネジメントソリューションズ(7033)100株・・・プレミアム優待3000P(SMBCにて)

日本ハウスHD(1873)1000株・・・カレー4食(楽天にて)

萩原工業(7856)100+900株・・・クオ3000等選択(楽天にて)

神戸物産(3038)1000+1000株・・・自社券15000(楽天にて)

巴工業(6309)100株・・・ワイン(楽天にて)

泉州電業(5835)100株・・・クオ1000(楽天にて)※長期なら2000?

ロック・フィールド(2910)100株・・・自社券1000(SMBCにて)

正栄食品工業(8079)100株・・・お菓子・ナッツ等(SMBCにて)

学情(2301)100株・・・クオ500(SMBCにて)

トーエル(3361)1000株・・・水12本+α(SMBCにて)

カナモト(9678)1000株・・・カタログ3000ちょっと(SMBCにて)

終わってみれば日興と楽天のみという結果になってますが、最後に神戸物産を1000株追加して2000株にしております。

各銘柄

マネジメントソリューションズが一番人気だったでしょうか。

追加予定でしたが100株で終了となりました。

ほかは日興の調達力等々の影響で比較的ギリギリでも取得できる状況でした。

もちろん最終の貸し株日数が4日ということもあるでしょうが、昨年より楽になったような気がします。勘違いでしょうか。。

多少難しいというレベルで学情とか泉州電業くらいかと思われました。

結果的にはマネジメントソリューションズと最終日に取得したカナモト以外はすべて早すぎたかもしれません。

特に神戸物産。おそらく優待価値に対する取得費用の割合が今年1番高い銘柄になりました。優待内容も変わったり株価も騰がったりしているので何ともでした。。結果的に制度でも大丈夫かと思いましたが、逆日歩はどうなるでしょうか・・・。

証券会社

個人の所感として・・

日興証券は相変わらずの強さですが、今月は楽天証券の短期はいつもより頑張っていたように感じました。

楽天の無期限も含めると、2社で事足りるような状況になりつつあるのかもしれません。

SBI、GMOでは人気銘柄は競争が激しくなるようで、始まる時間も一定ではないので運の要素が強くなり、不確定な印象です。それでも運が良かったり張り付いていれば取得もできるので捨てがたいところでしょうか。

個人的に昨年10月にテロのようなことがあったカブコム証券に期待していましたが、昨年のようなことはなく・・・。

スポンサーリンク


最後に

今月は比較的ギリギリでも取得できた銘柄が多かったのではないでしょうか。

昨年まであったパーク24が今年は無かったので少々10月が寂しくなりました。コインパーキング代も結構するので助かっていましたので残念でした。

来年はマネジメントソリューションズを1000株!と思いますが、今回のように優待内容が変更になるかもしれないのでその辺を意識しつつ来年に(継続していれば)の取得時期の検討に活かしたいところです。

私は11月以降も相変わらずの早仕掛けですが、意識している時間が少なくなり楽です。

今週末くらいから11月や12月もちょろちょろと取得していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする