GOTOイートに穴?株主優待との併用も?

株主優待も落ち着いている時期なので少々余談を・・・。

さて、鳥貴族で話題のGOTOイート・・・話題になっているのでGOTOイートをとても簡単に調べてみました。

都道府県により異なりますが、①プレミアムが付く食事券の事業と②席の予約に対するポイント付与の事業があるようです。

スポンサーリンク

2種類あることすら知らなかったですが、そんなに制度自体はややこしいこともなく、①にかんしてはプレミアムはおよそ25%のようで、10000円に対して12500円分の食事券であったり、4000円に対して5000円の食事券を戴ける制度のようです。

かたや鳥貴族の問題になっているのは②のほうです。席の予約するとランチ500円、ディナー1000円のポイント付与があるようです。金額の制限がなかったようでポイント以下の食事でも一律のポイント付与が問題になりました。夜に席の予約をして一品(300円ちょっと)だけ注文して差益(700円弱)を得るというものです。

予約して店に足を運んで1品だけ頼んで・・・っていう時間を加味すると、それだけで個人的にはそこまでしようとは思いませんし、1品だけ注文してお会計をするのがそもそもできないかもしれません。

考え方や羞恥心の基準もそれぞれですね。

この錬金術(?)に関して当初は問題ないという方針から一転、どうやらすぐに方針変更により現在は同じことはできないようになっているみたいです。

ただテレビで放送していましたが、次は新しい無限ループという問題も出ているようです。1000円で1000ポイントをもらって、次回予約時にその1000ポイント利用すると・・・また1000ポイント貰えるようで・・・。

無限ループという名前の通りそれを繰り返すことで最初の支払いのみでずっと飲食ができるという問題のようです。

モラル云々はともかく、こういう穴は多々ありそうです。キャッシュレス化を推進するのであればキャッシュレス決済に限定する等したほうが良いのでは?とも思ってしまいますが、以前の還元事業のようにすると余計な時間が費用が掛かってしまうんでしょうね。。

頭の良い方々が制度を作っているキャンペーンなので抜け道はあまりないと信じたいですが、株主優待もGOTOイートと絡めることはできるのかもしれません。

制度の概要を調べてみても言及されている箇所を見つけることはできませんでしたが、予約をして株主優待で支払いを行い、ほかの店で使えるポイントをもらえそうです。先ほどの無限ループが可能であれば、定かではありませんが優待の支払いがだめということはないように感じます。

すかいらーくがGOTOイートに参画するという大きいニュースがありました。株主優待の有無は別として良いニュースではないでしょうか。ただ、株主優待での支払いが可能となると多くの方がそういう対応をするのではないかと思います。ポイント付与は予約人数分になるので、2人でディナーなら2000円以上の利用で2000ポイント戴けるのではないかと・・・。

スポンサーリンク

最近はいろいろなポイントが乱立して、ポイントを得ようと思えばそこら中に転がっている現状です。私は面倒で個人情報を抜かれて痛い目に合いそうなので、現状ではTポイントくらいしか集めていません。が、GOTOイートもその場で値引きになるなら検討してしまいしそうです。。

前述の②に関してはさすがに現状では気が乗りませんが、①のキャンペーンは優待を使えないお店が多いので活用したらよいかもしれません。GOTOは大枠では税金負担による所得の再分配のような側面もあると捉えているんですが、そうならば都道府県ごとに差がでないようにはしてもらいたいものです・・・。GOTOトラベルの東京除外とかのような・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする