優待改悪のすかいらーく(3197)の端株を購入?

先日優待の改悪を発表したすかいらーくですが、長期条件をつけずの改悪となりました。

この時期の発表というのは親切なのか・・・それとも裏があるのか・・・。

少し裏を読むと・・・株主番号の変更を視野に入れているのかもしれません。

スポンサーリンク

すかいらーくは四半期ごとに株主番号変更

すかいらーくを半期ごとに優待クロスしている方は多いと思いますが、遡って長期条件が付いた時に満たせる方は少ないはずです。

半期毎のチェックの企業の方が多いですが、すかいらーくに関しては四半期毎のチェックになるためです。

というわけで、今までずっと保有していた方がこの時期の改悪で所有株を売ると株主番号が変わります。

そこまで対応されるかは分かりませんが、深読みすると9月末までに売らせるためのこの時期の開示という可能性も少しだけ考えても良いかもしれません。

すかいらーくの端株を検討

最近では長期条件を付ける企業が増えてきましたので、すかいらーくの端株を検討します。

あくまでも遡っての長期優遇が付く場合への対処になりますし、コスモス薬品のような100株以上の継続保有の場合には意味をなしませんが、すかいらーくは何となくネタ的には一番のような気がしますので・・・。

どういう長期がつくかは分かりませんし、付かないかもしれません。あくまで遡っての長期優遇が付いた場合に有効な内容です。

もちろん端株を所有する懸念も多々あります。いくつか挙げてみます。

①端株の値下がり・・・現状では0円になったとしてMAXで1500円程度の損失です。

②端株で条件を満たさない・・・四半期毎に100株以上が必要等になるケース

③優遇措置・・・とりあえず今回は長期以外も。というスタートをするケース

④そもそも無駄骨・・・保有要件等が付かなかったり、優待廃止等

等です。

④の可能性が一番高く、バカをみる可能性はありますが、数年したのちに3年間の長期保有が必要。となったりするかもしれませんので、無駄骨だとはっきりわかるのは優待廃止になるケースの時でしょうか。

スポンサーリンク

最後に

優待の改悪により多少の妙味は無くなったかもしれません。

また長期要件が付いていないにもかかわらず、若干の検討の余地がある銘柄はすかいらーく以外にもいくつかあるかもしれません。

無配→優待改悪したすかいらーくさんです。

杞憂に終わることを祈りつつ・・・端株を買っておいても良いのかもという話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする