POソフトバンク(9434)の個人的なその後…

ソフトバンクのPOに1万株申し込んで1000株当選→9000株補欠となったSBI証券のその後です。

個別株に関しては利益が出ても損失が出ても基本的には投稿にはしませんが、超大型なので失敗込みでの現状を。

スポンサーリンク

さて、補欠の9000株ですが、その後に全ての申し込みをしました。

結果はこんな感じです。

補欠の繰り上がりが全くありませんでした。。。

全く繰り上がらないのはちょっと予想外でした。

実は補欠発表から遡ること数時間前に補欠当選で数千株もらえる可能性を加味して

・当選した分のヘッジ

・補欠で繰り上がるであろう数量のうちの一部のヘッジ

をしておりました。

まあ補欠で繰り上がるであろう数量を元に対応するというのは完全なる勘を含むのですが、少なくとも幾らかは繰り上がると読み一部をヘッジをしたのが失敗でした。安定操作期間で全ヘッジをするつもりでしたが・・・。

結局当選分を全てヘッジするような形になったので手数料や貸株料が多少かかってしまった・・・という結果論です。手数料や貸株料は微々たるものですが、ヘッジを数段階に分けたかったのですができませんでした。

高い逆日歩はつかないので、多少の利益はあるのですが非常に寂しいものとなっております。

こんな感じで当選分のPOに関しては終了です。

さて早く勝負がついたのでつまらなく、せっかくのお祭りなので対応したこともあります。

というのは、23日の売り圧力を狙って18日大引けで売りが入りそうだったので、14時50分台にいくばくかの空売りをしてみました。

こちらに関しては、終値が25円下がったので現状では成功をしておりますが、週明けの株価次第ではまた失敗になるかもしれません。(大引けで半分くらい買い戻してもよかったのかもしれませんが。)

18日夜のptsは少し騰がっていますが、普通に考えればヘッジしていない売り圧力が大きいと思います。

ただ、大口さん次第なのでこの辺りはなんとも言えませんし、どうなっても結果として受け止めます。

スポンサーリンク

こういう規模のものはリスクをヘッジしながら対応しても良いんでしょうが、手に入ると思っていた補欠が入らなかったことで、ヘッジを失敗した話でした。

ただこの規模のPOで50単元が入らないとなると、SBI証券のIPOチャレンジポイント最大51ポイントというのは夢のまた夢ですね。

超大型株の不人気銘柄であれば・・・可能性はあるんでしょうかね。。

最後になりますが、もし23日に大きく下げるようなら信用売りの返済とともにそれ以上の買いも入れるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする