予期せぬ売り禁に備えて1日早くクロス

週末発注で控えている銘柄ですが、1銘柄を1日早めの26日にクロスするようにしました。

クリレス・コロワイドもそうですが、ANAの売り禁は少し早い印象でした。前回3月時には3月の中旬に売り禁でしたが・・・。

こういう状況では8月銘柄のいずれかがまた売り禁ということもあるかもしれません。

スポンサーリンク

というわけで、1日早めにクロスをした銘柄はハイデイ日高(7611)です。

先日もお伝えした通り日興証券は、売り禁になると一般売りの注文が失効になったような・・・気がしています。きっとシステムが変わっていなければ同様ではないかと思っています。

そんなハイデイ日高は500株だけ現状で日興証券で予約ができています。

最終日にクロスをする場合に比べると1日早くクロスすることで3日分の貸株料が増えます。

よって、”売り禁になって取得できなくなるリスク”と”多く払う貸株料”を考えて保険をかけました。

きっとハイデイ日高を今週中発注している人は多くないとは思いますが、売り残の増え方を見ると(杞憂に終わる可能性も高いですが)多少の危うさを感じました。

ANAに関しては3月時は3月の中旬に売り禁になりましたが、今回はだいぶ早いです。そんな中ではハイデイ日高に関しては微々たる額を気にしていても仕方ないかと思っています。

皆様も他の銘柄で27日約定のものにも多少のリスクがあるとお考えになっては如何でしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする