【2020年7月】優待クロス銘柄一覧および総括

2020年7月の優待クロスも終了しました。

個人的には中だるみの期間という位置付けをしており、早期取得で楽な月間でした。

ギリギリまで粘って取得できれば良いですが、労力を惜しんだ結果はどうだったでしょうか・・。

今月も総括してみます。

スポンサーリンク


7月の総括

銘柄

昨年9社に対して今年は6社で終了です。

対比で3社マイナスということで、ダイドーG(1月優待のみに)・ブラス(長期要件ついた)・東京楽天地(優待改悪)の3社が減りました。

制度クロスを検討していたクロスフォーも最終日の出来高をみて、結果的に手を出さずです。

逆日歩がMAXでなくても1000円もつけばいらないかなぁ・・・という感じだったので、昨年を参考にするとMAXの可能性も高そうかと。分かりませんが、間も無く発表の逆日歩に注目です。

→追記:予想通りMAXでした。鳥貴族も・・。

そこそこの難関銘柄は稲葉と丸善CHIの2社だったでしょうか。

稲葉に関しては毎年難しさが増している印象です。

クオカード銘柄もそこそこの人気ですが、このあたりはまだ余裕がある印象。

JM(ジャパンミート)と日本駐車場開発は直前でも取得ができる程度でした。

欲しい人も少ないのかもしれませんね。

証券会社

個人の意見ですが・・・

今月も日興証券さんが頑張っていた印象です。

引き続き取引時間内や争奪戦以外の放出が多く対応が難しいです

他はなんとも言えない状況です。

もちろんカブコムさんは在庫に強みはありますが、それなら楽天さんで無期限を約2倍の期間借りても同様だったりしますし、ある程度期間が経過すると倍率は高くなります。カブコムしか開設していない方も多いのか、楽天や日興で在庫があるものがなくなったりもします。

マネックスさんも補充のタイミングをずらすようになっている模様ですので、8月9月は少しチェックしようかと・・。

短期の証券会社で取れるかどうかは実力+運も必要な感じです。ギリギリで取れる可能性もありますが、それだけリスクを抱えていることを考えると・・・私には短期勝負はできないかもしれません。

スポンサーリンク


最後に

7月もマイペースでの取得でしたが、落ち込みは想定通りです。

6社しか取らないので、今月は特に早期取得で良かったかもしれません。

8月9月までの取得を進めておりますが、次第にお金持ち有利な状況になってきたでしょうか。2〜3ヶ月前が当たり前になって、早どり合戦になると資金がモノをいうようになります。

2月3月はどうなっているのか・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする