2020年4月優待の制度クロスを検討してみた

2020年4月優待に関しての制度クロスを検討してみました。

3月から早めに売り禁になっているヤーマンが選択肢にならないのが個人的には厳しい状況なのですが、他も含めて検討してみます。

スポンサーリンク

2020年4月優待の制度クロスを検討してみた

一般売りができないものでの検討が非常に難しいために一般売りができるものも含めて羅列してみます。

まず検討できるのはテンポスHD(2751)でしょうか。

こちらはマネックス証券で一般売りが一時期出ておりましたが、投稿時点では一般売りの各社在庫はなくなっております。

現状の株価(100株:20〜21万円)であれば1680円が最大です。注意喚起になればその倍で、自社券8000円が戴けます。

最大でも優待価値を超えない銘柄なので、毎回高逆日歩になる印象があります。

次に挙げるのはアイ・ケイ・ケイ(2198)でしょうか。

現状の株価(100株:6〜7万円)であれば560円が最大です。注意喚起になればその倍で、洋菓子1500円相当が戴けます。

こちらは一般売りの確保はそこまで難しくないので、注意喚起がつくくらいなら手数料を払ってでも取れる証券会社で取得した方が良いかもしれません。

他は結構厳しいかもしれませんが、唯一の候補として・・・東和フードサービス(3329)に関しては注意喚起が付かなければ優待価値内です。

というわけで、私はテンポスもアイケイケイも一般クロス済みなので制度クロスは今月はしないことになりそうです。

スポンサーリンク

最後に

あくまでも投稿時点の株価での計算なので、株価の変動によっては最大逆日歩が変わりますのでご注意ください。

特に、最近は値動きが激しいために、今から手配して権利日の株価が急騰していると想定外の逆日歩がつく可能性もあります。

ヤーマンを逃したのが残念です。HISも売り禁になっているんですね・・。道理で一般がなくなりやすいのも納得です。

昨今は少し早めに検討しないといけないのかもしれません。

載せたもの以外にも逆日歩がつかない自信があるものがあればクロスしても良いと思いますが、自己責任にてお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする