【優待クロス】ロック・フィールド4000株追加で悩んだ現物手配

ロック・フィールドがマネックス証券の無期限で《在庫多》出ていたために、4000株の追加の信用売りの注文を入れました。

すでに1000株は楽天証券でクロスしていたために、現物1000株は楽天証券にある状態です。現物4000株増やすと5000株になってしまい、移管をするにしても5000株移管になってしまいます。

かといって、マネックス証券で現物4000株を手配すれば費用も多くかかりますし、反対売買での手仕舞いも費用がかかりカブコムのようにはいきません。

というわけで、現物4000株をどのように手配するかを少しだけ悩んだという出来事です。

本投稿は”こんな選択肢がありますよ〜。”という初心者さん向けの内容ですので、初心者さんにお読みいただければと思います。

スポンサーリンク

現物手配どうしよう

少ししか悩んでいないので、最善の選択肢が含まれるかは分かりませんが、移管に関しては書面ではなくネットで手数料を掛けずにしたいという思いがあったために、選択肢としては・・・

①GMOクリック証券で4000株追加する→マネックスに移管

②楽天証券で3000株追加してマネックスに移管+残りの1000株に関してはどこかで手配

の2択です。

GMOに関しては、キャッシュバック枠の使用という形になりますが、4月から始まったばかりのキャッシュバック枠確保は微々たる金額しかありません。

よって、①という選択肢は私からは消えました。

とりあえず、楽天証券で追加3000株の注文(いちにち信用+現引き)を決定して、楽天証券→マネックス証券へ4000株の移管を決定。

残り1000株に関してが問題・・・

ここで考えたのが以下の選択肢

①楽天で制度買いで移管が終わるのを待つ(多分移管は有効だと思っていますが不明です)

②GMOで手配→楽天に移管

③SBIで日計り買い+現引き(→その後50万円枠を利用して楽天と調整)

④日興証券で現物手配(制度買い+現引き)→その後に日興処分+楽天でいちにち買+現引で手配

②に関してはキャッシュバック枠の無駄遣い。ということで選択肢から外れました。

①、③、④で少しだけ悩んで結局③を選んで対応。

③を選んで、書面手続きで移管をすれば完全無料なんですよね・・・。

もしくは売り禁にならなければ、権利落ちでそれぞれの証券会社で手仕舞いという手もありますが・・・念のために権利落ちで楽天で現渡しで終了できるような状態にします

書面での移管には抵抗があるので、段取りとしては・・・

4000株の移管が終了(楽天→マネックス)

(SBIで一般売りができれば、一般・制度・現物売りをそれぞれ300株ずつ手配して、楽天で100万円を超えるいちにち信用買いにしたりするのが良いのでしょうが、)

おそらく300株ずつ現物売りと楽天のいちにち買い+現引きを繰り返す。

1000株に到達させて、権利日を待つという形になると思います。

まあ、このやり方ならば売り禁になっても可能でしょうし・・・妥当なところかと。

スポンサーリンク

最後に

証券会社が増えることにより、クロス自体は複雑になってきました。

正直、私が始めた頃にはこういう複雑さはなかったのですが、証券会社のサービス合戦(一部の非サービス合戦)により複雑なものとなってきました。

今回は普通に手配するよりも1000円近く安くなるということで少々考えてみましたが、失敗してもいいと思いつつの対応です。最善の答えかは分かりませんが、いろいろなやり方があるとだけご認識いただければ幸いです。

いや〜、マネックスさんにお世話になるようになってきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする