【コロナは微風!?】マクドナルドってやっぱりすごいかも…

日本マクドナルドホールディングス株式会社より月次IRニュースが出ました。

最近はずっと前年比でプラス成長を続けていたのですが、3月に関しては新型コロナの影響で既存店売上が昨年対比でマイナスになったようです。

スポンサーリンク

以下が発表されたIRニュースの数字になります。

全店での売り上げ自体はかろうじてプラスですが、既存店に関しては客数が減った分を客単価でカバーし、売り上げはほぼ横ばいのマイナスという感じです。

新型コロナの影響は後半の方が受けているはずなので、4月の推移を見てみたいところですが、同日に発表されたすかいらーくと比較すると雲泥の差に感じます。

我が家の近くのマクドナルドは確かに混んでいて、自粛要請の中でもレジに行列ができていることが多いのでなんとなく納得しています。

ただ、近くのマクドナルドを見ていると、店舗内には若年層が多いのにもかかわらず客単価が上がっているっていうのは少々不思議です。持ち帰りで家族分まで買って帰る人が多いからなのか、近くのマクドナルドが特異なのか・・・。

マクドナルドの株価の推移はこんな感じです。(ヤフーファイナンスより)

日経平均はこんな感じ。

マック市場(ジャスダック)はこんな感じ。

まあ、業種が色々あるからなんとも言えませんが、これだけ見るとマクドナルドって強い印象ですよね・・・。

個人の印象なので、そう思わない方もいらっしゃるかもしれませんが、今回に限らず、マクドナルドって下落局面に結構強い印象があるんですよね・・・。

もちろん下げる時は下げるんですが、一定のラインでしっかり止まるような・・・。

スポンサーリンク

持ち帰り(もメイン)というのはやはりこの状態では強いですね。イートインは減っても持ち帰りで多少は持ちこたえることも可能ですし・・・。

個人的には持ち帰りの代表的なイメージの牛丼チェーンなんかも売り上げはそんなに落ちていなかったり、客単価はプラスだったりする企業もあるようです。

店舗自体が休業になったりするとダメなんでしょうが、持ち帰りイメージがあると、本来の他社への外食需要の取り込みで売り上げ減をカバーできるのかもしれません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする