【優待クロス】週末発注のマネックス証券の短期クロスで落とし穴に…

マネックス証券での初めてのクロスは失敗に終わりました。

色々と調べる中で、15営業日ではなく実質14営業日になる点なども見つかりましたし、だいぶ理解は深まったのはよかったのですが・・・。

重い腰を上げての初クロスでの失敗・・・

その一部始終のお話です。

スポンサーリンク

マネックス証券は週末発注が可能?

2020年3月7日にマネックス証券の在庫を眺めていると取得したい銘柄が見つかりました。

※その時点では9日約定の場合には実質14日短期(28日に強制決済)という事は分かっておりませんでした。

いざ、信用売りの発注をしようとすると”週末発注”ができることに気がつきました。

※その後週末発注が出来なくなっております。

発注した画面が以下になります。

3月7日の受付→有効期限は13日になっております。

実際にこの内容にて注文自体は通りました。

あとは12日の木曜日に段取りをすればOKなのか・・・と思っていましたが・・・。

翌営業日の夜に注文失効メールが到着

9日(月曜)の夜には以下のメールが到着しました。

なんと注文の失効のご連絡です。

在庫が足りなくなったことが要因のようですが、在庫数量処理というものの結果のようです。

念のために指値に関しては9日のうちに終値を予想して、翌営業日の指値範囲になるような段取りは取っていたので、値幅制限によるものではありません。

実は2社の予約をしていて、一社に関しては注文が残ったのでたまたまで相当に運が悪かったのかもしれませんが・・・。

とにかく注文が失効したのは間違いありません。

スポンサーリンク

最後に

今回はマネックス証券さんでのクロスの失敗談を書かせていただきました。

こんなことなら手数料を払ってフライングクロスにしておけばよかったという気持ちもあります。ただ実際になってみないと分からないので、大きい収穫もあったのではないかと思います。

銘柄によるのか、どういう発動条件で失効するのかは分かりませんが、そういうこともある。とだけ覚えておきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする