【変則クロス】約◯万円あれば全額他社クロスの売建をしてもSMBC日興のプラチナステージ可能。

SMBC日興証券のIPOのステージ制を目指すにあたって、優先的にSMBC日興証券でのクロスをしている方も多いのではないかと思います。

※過度の当選期待はNGで、ステージ制であっても当選はしづらいですが・・。

預り資産or信用建残によって判定されますのが、単純なクロスで現渡しをしたとしても預り資産には影響します。よって、当たり前のことかもしれません。

ただ、SMBC日興証券の一般信用在庫は他社よりも早く無くなるケースも多く、資金の有効活用という点ではあまり優れていないのかもしれません。

そういう状況のため、私はあえて他社で信用売りをしつつSMBC日興証券のステージ制も維持するような手法も取っています。

スポンサーリンク


信用売りは他社で現物はSMBC日興で所有する

手数料・確定申告云々もありますが、標記の通りで信用売りを他社でしたものを、現物はSMBC日興で所有するのも有効な手です。

もちろん、SMBC日興で在庫がない場合が主であって、他社だと直前でも取得が可能なケースなどで強みを発揮します。

他社での信用余力は減りますが、そうすることによってSMBC日興の信用余力は増えます。

現物(代用証券)はSMBC日興で手配することにより、月末の信用売りができるという方法です。(もしくは月末の預り資産に直結します)

あまりにもSMBC日興証券での在庫切れが早い銘柄なんかは、手を出さないで他社を待つことも可能になります。

ただ、制度売り(か権利落ち後の一般売り)ができない銘柄でそれをしてしまうと、SMBCでの現物処分の際に余計な手数料がかかってしまいます。最悪のケースでは売り禁になる可能性もあります。

少しリスクを加味した上で、理論上は他社で信用売りをした場合にいくらあればプラチナを目指せるのかを考えてみます。

理論上は◯万円あれば他社で全て信用売りをしても、プラチナステージを目指せる

SMBC日興証券に約1895万円の代用証券(掛け目80%と仮定)があれば5000万円の売り建てが理論上は可能です。(1895×0.8×3.3=5002万円)

それを加味して、すべての信用売りを他社でした場合にはいくらあればプラチナステージが目指せるのかを考えてみます。

少し、数学的な話になりますので、苦手な方は飛ばして下さい。

では。

式だけざっと・・・。

他社での現物額をα、合計売り建て額(必要資金)をXとすると・・・。

0.8αx3.3=X

X=1895+α

X=2.64α

という連立方程式が成り立ちます。

1.64α=1895万円

α=1156万円

α=1156万円

X=3051万円

合計売り建て額=必要資金(現物用)ですので3051万円あれば、理論上は全てを他社で信用売りをしても、SMBC日興のプラチナステージが目指せることになります。

もちろんSMBCで売り建てできれば、その必要額は減少していきます。

念のため逆算もしてみます。

3051万円を他社で信用売り、現物は1156万円なので

1156万x80%x3.3=3051万円

になるのであっていそうです。

もちろん、SMBC側は残りの現物分で1895万(3051-1156)になります。

1895×80%x3.3=5002万円となりますので、5000万円(2500万の両建て)が理論上は可能です。。

ゴールド〜ブロンズの場合には、それぞれ以下のようになります。

ゴールド:3050万x3000/5000=1830万程度

シルバー:3050万x1000/5000=610万程度

ブロンズ:3050万x 250/5000=153万程度

あれば、理論上は可能という計算になります。

計算ミス等はご容赦ください。

実際には前後する

先ほどの計算は理論的な必要額というだけなので、全て他社で信用売りをする場合に関しては実際にはプラスアルファが必要になります。

数百万円くらいプラスがあると楽になると考えておいた方が良いでしょう。

しかし、実際にはSMBC日興証券でも取得できる銘柄もありますし、その場合には必要額は減少します。

全てSMBC日興証券でクロスすれば2000万円弱でもプラチナステージも目指せます。

※閑散期で現金比率が高くなればさらに少なくなりますし、クロスをしなければしないほど8掛けの金額に近づきます。

スポンサーリンク


最後に

この投稿では、他社での信用売りをしてもSMBC日興証券での新規建余力を確保できること。及び、他社で信用売りを全てした場合でのステージを目指す上での必要額を極端なケースで計算してみました。

クロスの早期化が落ち着いた印象があるかはわかりませんが、銘柄によってはうまく日興証券で取得しつつ、他社もうまく活用することで、今までステージ制が難しかった方でも目指すことも可能かもしれません。

現渡しをしない手法でもありますので、確定申告の問題が出てくるかもしれません。

また、手数料の問題もあります。実際には楽天の大口やカブコムのゴールドプラン以上、他では手数料キャッシュバックなどを絡めながらになりそうです。

まあ、以前からお伝えしているようにプラチナに過剰な効果を求めるのもどうかと思いますが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする