【2020年2月】優待クロス銘柄一覧および総括

2月も早いもので終了しております。

今月の取得銘柄数は52銘柄(昨年46銘柄)にて終了しております。

※家族全体では52銘柄107個(昨年は46銘柄93個)ではないかと思います。

1月に引き続き、個人的な2月クロスの総括をしてみます。

スポンサーリンク


2月の総括

取得銘柄数

最終日に中本パックスを追加して合計52銘柄にて終了しています。(他にもSMBCで取れた分のビックカメラとUSMの株数の追加はしましたが、社数という意味では中本パックスだけが増えています。)

昨年対比でも社数は100%超えですし、今年の取り残しと思っていた中本パックスが最終日に取得できたので言うことなしかな・・・という感じです。

もっと多く取得している方もいますが、個人的にはこのくらいで満足です。

各銘柄

以下は全て主観になります。

吉野家・クリレスといった飲食銘柄の取得が前回よりも楽になりました。楽になったという次元ではないくらい簡単で、最終日でも吉野家が残っている証券会社さえありました。

同じ飲食のSFPやDDに関しても非常に楽になっています。

飲食以外だとアダストリア・イオン北海道なんかは早く取得してしまいましたが、結果論であって仕方ない部分だと思っています。

反対にとても難しいと思ったのがジーフットとベクトルです。前者に関しては2000株狙いの方の多くは早期から段取りしていないと取れていないことと思われます。

後者のベクトルに関しては、昨年以前が懐かしいです。在庫もずっと余っているような状況だったのですが、1000株狙いの方が多く今年は非常に厳しかったです。

ただ、2月のみならず3月も対応する方が多い中ではある程度直前でも対応が可能な銘柄が多かった。というのが全体的な印象です。

証券会社

個人の所感として・・

在庫数はともかく、GMOでは直前でも色々と取得できた印象です。

キャッシュバックのありがたみを感じる月間でした。

おそらく3月も同様の展開になるんではないかと思いますので、キャッシュバック枠がどのくらい残っているのかを確認しておきたいところです。

SMBCに関しては他社よりも1〜2歩以上早く在庫切れになる印象です。

楽天も長期→短期になるタイミングで多くが売り切れましたが、短期のみで在庫が出る銘柄もあるので対応が難しい分、SMBCが早くなることは理解ができます。

証券会社の選択肢が多いに越したことはない印象でしたが、その分管理が複雑になるので迷いどころです。

スポンサーリンク

最後に

1月・2月と昨年対比で100%以上の結果となりました。

2月・3月が一番大変な時期で、クロス自体が複雑化している中でミスなく乗り切れたようです。制度クロスの北の達人も逆日歩は最低限でしたし、他の逆日歩も落ち着いていました。

この時期になると資金量がものを言うような気がしますね。3月で数十社取得している方もいらっしゃるようですが、決して早いとは思わずに、余裕がある→取得が早くても気にしない→時間ができると言う良いサイクルになるような気がします。

そこまでのペースは私には難しいですが、引き続き3月もマイペースで取得していこうと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする