【盲点あり】楽天証券の超割コースといちにち定額コースはどちらを優先?

楽天証券では今までは超割コースの選択が一択だったと思いますが、いちにち定額コースが50万円まで無料になったことでどちらを選択するかは非常に微妙かもしれません。

超割コースといちにち定額コースをそれぞれ振り返ってみます。

ちょっとした盲点もありますので、しっかりとご理解の上でコースを選択してください。

スポンサーリンク

それぞれのコースの手数料

まず、それぞれのコースの手数料を振り返ってみます。

超割コースの手数料が以下のようになっております。

特徴としては、20万円を超える場合には現物買いをするよりも信用買い+現引きをする方が安くなる点です。

次にいちにち定額コースの手数料がこちらです。

こちらは50万円までが無料ということと、100万円までは多少割安ですが、200万円を超えると1100円ずつ増えていく点です。

金額が大きくなると痛い出費となりそうな手数料体系となっております。

どちらを選択するべきか?

どちらを選択するのが得なのでしょうか??

普通に考えると

50万円までの取引(クロスなら25万円以下)・・・いちにち定額コース

それを超える取引・・・超割コース

がお得と感じますが、それは当然ですね。

1日25万円までのクロスであれば、貸株料のみでのクロスが可能になります。

クロスで25万円を超える場合が考慮の対象になりそうですが・・・・。

ただ、これだけでは少し抜けている部分があって、少々盲点になる部分があります。

現物の手配はいちにち信用で手配をすることで、買い方金利のみで手配が可能になります。

そして、このいちにち信用に関しては、いちにち定額の約定代金に含まれません。

・・・いちにち信用が約定代金に含まれない・・・これは少し盲点ではないでしょうか??

楽天証券のHPにも以下のようになっており、真ん中あたりにしっかりとその旨が書いてあります。

よって、25万円までのクロスではなく、50万円までのクロスに関してはいちにち定額コースが得になる。と言っても良さそうです。

ただ51万円以上となるとどちらを選ぶかは大いに検討材料となります。

この場合にケースバイケースになります。

51万円と100万円でも違いますし、銘柄数と約定代金によっても異なります。

基本的には銘柄が多くならなければ超割コースが得で、銘柄数が多くなればいちにち定額コースが得になる。という認識でしょう。

金額が大きい場合にも超割コースが圧倒的に得と言えそうです。

50万円までに絶対に収めるならばいちにち定額コースですが・・・あとは狙う銘柄との兼ね合い次第かもしれません。

大口優遇の場合には?

大口優遇の場合には多少の金利を支払う覚悟で超割コースを選択しておく方が良いと思います。

いちにち定額にしてしまって、50万円を超えてしまったりするケースもあるでしょうし、現物手数料10万円までのものもいちにち定額に含まれて金額が上がるリスクを考えると・・・これは一択で超割コースではないかと。

絶対に50万円を超えないという前提であれば、いちにち定額コースも選択肢ですが、大口であれば50万円を超える可能性も高いと思いますので・・・。

スポンサーリンク

最後に

いちにち定額コースが新しくなったことで多少悩みが出てくる部分ですね。

盲点としてはいちにち信用が約定代金に含まれないこと。これを意識しているだけで選択肢は倍の額まで広がります。

例えば、楽天争奪戦初日に関しては予約が多くなりそうなので超割コース、最終日近くで予算がなくなったらいちにち定額コースに変更する。というような使い方も可能になります。

最終日近くでいちにち定額に変更したら無期限で狙っていた銘柄がたくさん出るなんてリスクもありますので、くれぐれも自己責任でご判断ください。

私は大口でない場合でも無期限がどうなるかが不明なので超割コースを選択するかもしれません。臨機応変に対応するのが良いのは間違いなさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする