【大きい変革?】SBI証券のアクティブプランが50万円までに拡大

SBI証券にてアクティブプランが使いやすくなります。

無料になる金額が一気に5倍になることで、多くの上場株式が無料で手に入るようになります。

スポンサーリンク

以下がSBIホールディングスのHPの文章になります。

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」)は、2019年12月23日(月)から、現物・信用取引ともに、株式委託手数料(アクティブプラン)を見直し、現在の1日の約定代金合計額10万円まで無料を「50万円まで無料」に拡大することといたしましたので、お知らせいたします。

 当社の手数料体系には、1注文の約定代金に対して手数料がかかる「スタンダードプラン」と、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「アクティブプラン」の2つのプランがありますが、2019年12月23日(月)から「アクティブプラン」において、無料の範囲を50万円まで拡大することといたしました。
 このたびの株式委託手数料(アクティブプラン)の無料化の範囲拡大により、コストを抑えたお取引が可能となり、これまで以上に多くのお客さまに資産運用の選択肢の一つとして、当社のサービスをご活用いただけるものと期待しております。

 当社は今後も、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、魅力的な投資商品・サービスを拡充し、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。

そして、表は以下の通りです。

これは大きいサプライズではないでしょうか??

松井証券も似たような発表がありましたが、今後の各社の動向は目が離せませんね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする