【優待クロス】3月銘柄までも射程圏になってくるのかもしれない

先日ある3月末優待銘柄の在庫が少量ですが、SMBC日興証券で一般信用売りの在庫が出ました。

いくつか該当銘柄があります。銘柄を言ってしまうと、現状で狙っている方や少しして狙う方にご迷惑がかかりそうなので控えますが、安く手配ができるものが多いです。

先日通年でのクロスを考察した投稿をしましたが、3ヶ月以上の長い期間のクロスは十分に検討材料になっている印象です。

スポンサーリンク

と、まあこう書くことによって、

『まだ、早いでしょう』というご意見もあるかもしれませんが、計算してみると『取得してもいいのでは?』というのものはやはりたくさんあるんですよね・・・。

たくさんある。というのは在庫がたくさんというわけではなく、銘柄数がたくさん。という意味です。その多くの銘柄は在庫は0だったりします。

また、その許容度合いも各自で違いますから、私が早いと思っても他の方には早くないわけですし、その後に私がそろそろ。と思ってもまだ早いと思う方もいらっしゃるわけで・・・。

裏を返せば、ギリギリまで粘るのが醍醐味と思う方もいらっしゃれば、お気楽に取得していた方がいいや。という意見もあり、私はどちらかというと後者です。

ギリギリまで粘るか気楽にいくかというのは優待クロスに限ったことではなく、性格の違いによるものだと思いますが・・・。

まだ取得してはいませんが、諸々加味すると私自身は3月クロスも数銘柄はすでに検討材料になっております。

仮に1単元10万円の銘柄であれば3月末優待の取得にかかる費用は・・・金曜約定で506円くらいのはずです。

コスト許容率という概念を持っている場合に、20%であれば2530円以上の優待内容であれば取得した方が良いでしょうし、仮に30%であれば1687円以上の優待であれば。ということになります。

上記は10万円で計算していますので、株価が仮に半分であれば条件も半分に緩和されます。

私は明確な基準はないのですが、十分に3月も射程圏内になっていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

SMBC日興の出現で今までの常識が良くも悪くも大きく変わってしまいましたね。

まあ、現実的な一番の問題は資金不足かもしれません。

あまり先のものを取得して目先のものを取得できなければ意味がないですし、なかなか難しい問題になりそうです。

気兼ねなく取得していらっしゃる方は相当な資産家さんなんでしょう。いいですね〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする