【要エントリー】条件達成で証券会社の卓上カレンダー当たるかも

SBI証券や楽天証券で2020年の卓上カレンダーを抽選でプレゼントするキャンペーンを行っております。

優待の情報が書いてある証券会社のカレンダーを使えば、隠れていた優待クロス仲間が見つかってしまう可能性もありますが・・・。

ご興味があればぜひ。

まず、以前からエントリー受付をしていたのが楽天証券です。

エントリーの上、下記の1つ以上の条件達成で抽選で1000名にプレゼントになります。

  1. 国内株式(現物)・米国株・上海A株・香港株・ASEAN株(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア)で55円(税込)以上の手数料がかかる売買
  2. 株式投資信託(ノーロード、積立、ポイント利用含む)で100円以上の約定 ※楽ラップ、iDeCo、外貨MMFを除く
  3. 先物・オプション取引(日経225先物ラージ、日経225ミニ、日経オプション(Weeklyを含む)、東証マザーズ指数先物のいずれか)で1枚以上の約定(新規または決済注文)
  4. 楽天FXで1万通貨以上の約定(新規または決済注文)

カレンダーは主要経済指標発表日や権利付き最終日(落ち日)など、データ満載の投資家必携卓上カレンダーとなっております。

次に、直近でエントリー受付を開始したのがSBI証券です。

こちらはキャンペーンにエントリーの上で、期間中に国内株式のお取引が3回以上必要になります。楽天証券と同じく抽選で1000名にプレゼントとなります。

こちらの方が株主優待カレンダーとなっているので、当ブログを読んでくださっている方には需要があるかもしれません。

ただし、3回の取引なので楽天証券よりはハードルが高くなっております。

なお、以下のお取引は3回の取引回数に含まれませんのでご注意ください。

  • 手数料が発生しないお取引(大口優遇やアクティブ取引の10万円以下等のお取引)
  • SBBO-Xで約定したお取引
  • 夜間PTS取引
  • ご紹介プログラムに該当された方の期間中のお取引
  • 「テーマキラー!」キャンペーン対象者のテーマキラー!に係るお取引

以上です。

楽天証券もSBI証券もエントリーが必要になりますし、1000名なので当選確率はそこそこ高いかもしれません。

ただし楽天証券は国内株式(現物)となっているので、信用取引に関しては対象外かもしれません。

ご興味がある方は証券会社のHPをご覧下さいませ。

また、他の証券会社でもプレゼントがあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする