TOKAIのLIBMO優待が1年経過したためにちょっと高くなった。

TOKAIホールディングス(3167)ではLIBMO(格安SIM/スマホ)の割引サービスが受けられます。

その割引サービスが導入された当初(2017年9月及び2018年3月優待)に関しては、音声通話10分かけ放題に加入しないといけませんが、3GBのデータ通信まで付くものが1年間無料(月額1880円割引)が受けられました。

それ以降の株主優待に関しては、10分かけ放題等の加入の制限がなくなりましたが、1880円割引を受けようと思うと5000株以上の所有が必要になります。しかも割引も1年ではなく6ヶ月になるので、1880円割引は現実的ではなくなったかもしれません。

現状の株主優待は100株だと350円割引(6ヶ月)になり、300株だと850円割引(6ヶ月)となり、そのあたりが着地点になる方は多いはずです。

スポンサーリンク

私は2018年3月優待でスタートした1年間無料(と言っても、10分超えの通話料等はかかっていました)が先日切れていました。

その後は取得した300株分の850円割引が適用されておりました。(申し込みしておけば1年無料の後に自動で割り引かれるようです。)

というわけで一気に1000円以上が高くなるという格安スマホ(SIM)にありがちな展開になっています。

当初6ヶ月なり1年間なりが安いスマホというのは不思議なもので私は値上がり感が強くあります。

めんどくさがりな性格なのでそのままLIBMOを使いますが、10分かけ放題サービスに関しては加入しなくても今の株主優待は問題ありません。その取捨と、データ通信の要領だけは近々どうしようかと思っております。

こんなキャンペーンもやっていますし。

※リンクではありません

こんな広告もありました。こちらもリンクではありません。

株主優待以上の割引があるとなるとなんだかなぁ、とも思ってしまいます。(初期費用はかかるんでしょうけど)

格安スマホ(SIM)に関してもWiMAXのように一定期間でキャンペーンによっては乗り換えていくようなものなのかもしれませんね・・・。

スポンサーリンク

私より半年早くLIBMO優待を選択された方はもう過ぎたことだと思いますが、私と同じように2018年3月優待でLIBMOを選択された方はマイページで確認いただいた方が良いかもしれません。

1000円とか2000円くらいだと面倒さが勝ってしまう性格なんですが、年間に直すと2〜3万円です。2019年9月までTOKAIの優待を取得しているので、その割引が切れる頃に検討してみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする