【そろそろ準備?】年末調整/確定申告用の控除書類が到着し始めました。

入っている保険会社からの生命保険やら個人年金やらの控除書類が到着し始めました。

サラリーマンさんであれば、一般的には年末調整で必要になりますが、当ブログをご覧の方は確定申告をされている方も多いのかもしれませんね。

私も控除書類が届き始めると確定申告を少し意識するようになります。

が、まずは株のブログなので株の損益を確認しないといけません。

※特定口座・源泉ありで各社開設している場合でも損益次第では確定申告した方が良いです。

スポンサーリンク

私の場合に一番面倒っぽいのがSMBC日興証券です。

このページから情報を見るんでしょうけど、私の場合には当初は信用口座に関しては特定口座が開かれていない状況(限られた時期に開設した1部の方のみがなる状況だと日興証券さんがおっしゃっていましたが定かではありません。)で数十件の取引を一般口座で行なっております。

ここをどうするべきかで確定申告の手間がだいぶ変わってきます。

他の証券会社との損益を計算して、その後の対策をしたいと思っております。

他の証券会社で2社ほどの損益を見る方法ですが、特定口座の場合には

【楽天の場合】口座管理→損益・税金履歴→特定口座損益(譲渡益税)

にすると下のように表示されます。

【SBIの場合】口座管理→取引履歴→譲渡益税明細にして、受け渡しを1/1からにして照会します。

残りの証券会社は省略します・・。

私の場合には未成年クロスのようなこともしているのですが、未成年口座では利益が出ないようにしているので親口座で他も含めて利益が出ているのは確かなのですが、損益を見てしっかり対応します。

私は最近は毎年確定申告をしていますが、株だけではないので結構面倒です。

今のうちからやらないといけないことをリストアップくらいはしておいて、年明けてしばらくした時にバタバタしないようにしたいと思っています。

スポンサーリンク

このブログを読まれている方は節約の意識も高いと思いますが・・・

特定か一般かはともかく、異名義クロスをされている方も申告するケースもあるでしょうし・・・

複数の証券会社で取引をしていて、利益が出ている証券会社と損失が出ている証券会社がある場合にも税金が戻ります。

ふるさと納税もワンストップ特例の申請をしている方は確定申告をすると無効になってしまったりするので注意が必要ですね。制度が変わっていなければ、再度自分での寄附金控除の申請をしないといけません。

共働きであれば、保険に関しては複数入っている場合には、うまく分けて控除を受けられるようにするとかにすると多少は控除額が増えると思います。

確定申告に限らず税金に関しては知らないと色々と損する仕組みもありますので、ご注意ください。おそらく気がついていないだけで私も以前はかなり損をしていたと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする