【株主優待の出品】ヤフオク→可、ペイペイフリマ→不可!?

ヤフーが”PayPayフリマ”というフリマアプリをiOS版で公開しました。アンドロイド版は今月末の予定のようです。

株主優待をヤフオクなどで販売している人も多いと思いますが、最近ではヤフオクでもペイペイが導入され、期間固定Tポイントが使えなくなり落札価格にも影響を受けているようです。と言っても、私はあまりその辺りに詳しくなく、ヤフオクをよく使っている方からの受け売りですが・・・。

そんな中で発表されたPayPayフリマでの株主優待の取り扱いを少しだけ調べてみました。

スポンサーリンク

ヤフオクとPayPayフリマでの株主優待出品は?

まず、PayPayフリマではヤフオク(プレミアム会員以外)と同様10%の販売手数料が掛かります。

ということはヤフオクのままでいいのでは?

とも思いますが、アプリの方がおそらく利便性は高いでしょうし、11月末まで送料が掛からないキャンペーンをしております。(匿名配送ができます)

というわけで、11月末までは若干お得に利用できるというわけです。

他にも価格交渉ボタンがあって簡単に交渉ができる。と謳っていますが、個人的には面倒です。

よくあるのが、相場より安く出品していたとしてもとんでもない価格交渉を持ちかけられるケースもしばしばです。それを楽しめる人もいらっしゃるかもしれませんが、商品の質問でキャッチボールの中での価格交渉に関しては少し萎えます。

と、話が逸れましたが・・・

PayPayフリマでは株主優待券は出品が・・・・出来ません。

以下はPayPayフリマのガイドラインの中の出品禁止物です。

しっかりと株主優待券と明記してあります。

禁止行為も普通に行われている現状もありますので、どこまで厳しく扱われるのかは不明ですが・・・。

ヤフオクもPayPayフリマも同じページに出品禁止物等が載っているのですが、ヤフオクに関してはそのような表記は見当たりませんでした。

ヤフオクにもフリマ出品がありますが、どうしてこういう違いが出てくるのでしょう。

もしかしたら、今後ヤフオクも禁止物として扱われていくのかもしれませんね。

スポンサーリンク

最後に

最近だとラクマですかいらーくの株主優待が出品禁止物に該当するようになったり、冒頭でお話ししたような期間固定Tポイントがなくなったり厳しい環境になってきている印象です。

キャッシュレス決済とフリマアプリが絡んでくると、銀行に入金せずにマネーロンダリングのようなことができてしまうのではないか・・・という気持ちもありますが、もともとPayPayを使っている人にはヤフオクなりPayPayフリマは良いサービスなのかもしれません。

私も最近PayPayを使い始めました。どうしてもクレジットカードを登録したくなかったので、普段使っていない銀行口座を登録してチャージをしました。そういう抵抗がある方もヤフオクやPayPayフリマをうまく利用すれば、PayPayを活用できるのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする