【IPOスタンス】微妙な2銘柄のブックビルが始まりました

10月1日より2社のIPOに関するブックビルディングが始まりました。

モルガン主幹事のワシントンホテルと野村証券主幹事の浜木綿です。

参加を迷われている方も多いのではないでしょうか?

かくいう私も参加を迷っております。結局答えも出ませんので、最後は勢いなんですが、だらだらと企業を見てみて思ったことを書いてみます。

詳しい売り上げやPERなどを知りたい方は望んでいる情報は書いていません。

スポンサーリンク

ワシントンホテルと浜木綿

まず、ワシントンホテル(4691)は東証2部に上場する企業になります。

藤田観光が大株主のようです。目論見書を拝見すると、ワシントンホテルの初代社長を藤田観光の社長が兼務したことがきっかけのようです。

ワシントンホテルは聞いたことはあるけど泊まったことはない。と思っていましたが、”藤田観光のワシントンホテル”と”ワシントンホテルのワシントンホテル”があったようで、現在は線引きのために”ワシントンホテルの方のワシントンホテル”はワシントンホテルプラザとなっているようです。

他にもR&Bホテルなども展開しています。

現在の展開がこちらです。(画像は落としています。)

各地に点在していますね。。利用されたことがある方も多いのではないでしょうか。

なお、現在は藤田観光とは事業の制約はほぼないようです。

業績は横ばい。

仮条件はそこそこ割安?伸びを加味すると??

配当は1%ちょっと有り。(仮条件対比なので、初値が伸びれば1%は切る)

優待もあります。こんな感じです。

旅行はよく行くけど、使うかなぁ・・・。

ただ、下値は限られているような気も。。というのが第一印象です。

次に浜木綿です。読み方は”はまゆう”と読むようです。

調べる前までは”はまもめん”だと思っておりました・・・。

会社名は難しいですが東海地区では有名なのかもしれません。JSQに上場する企業になります。

どんな企業かと思えば、愛知県を中心に展開している中国料理屋さんの企業でした。

関東は東京の国分寺と神奈川の青葉台の2店舗(投稿時点)しかないので、こちら側には馴染みが薄い企業ですが、メニューを見るととても美味しそうです。

ただ、HPがたまたまかとても重い・・・。みなさんちょうど調べていらっしゃるのかな。

存じ上げないお店なので分かりませんが、地域に根付いたような企業なのかもしれません。

創業からかなり時間が経っている中で・・・

売り上げ・利益は大方には緩やかな上昇傾向。

ただ急展開するような企業にも見えず。

PER等はそこそこ割安。

この枚数なら当たらないだろうから、とりあえず申し込むか。

というのが第一印象です。

スポンサーリンク

最後に

結論だけ言うと、両方申し込みます。

ワシントンホテルは若干当選確率も高いかもしれませんが、当選したとしても100株でしょう。

下値も限られているので、両銘柄ともローリスクローリターン銘柄として楽しみたいと思っています。

市況が悪化しているのは嫌な点ですが、このくらいのリスクを怖がらずにいかないと。と自分に言い聞かせるのが本音です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする