【優待クロス】信用取引の早期クロスの管理費に関する意外な事実?

クロス取引において管理費がかかるものといえば・・・

一般信用売りを長期でする際なのですが、SMBC日興証券はかからないので、カブドットコムや楽天証券が主でしょうか。

1ヶ月の応答日ごとに金額がかかるのはみなさんご存知ですね。

しかし、同一日の取引であれば基本合算されるので、注文ごとにかかるものではなさそう。と言うのはご存知でしょうか?

スポンサーリンク


信用管理費は同一日の取引であれば合算される?

楽天証券であれば、注文を分けることで手数料が節約になるケースというのはなかなかないと思います。

しかし、カブドットコム証券であれば注文を分けたくなるケースがありますよね。

その場合に管理料を気にしてしまっていませんでしょうか??

カブドットコムのホームページには以下のようにあります。

同一銘柄で同一約定日の建て玉はまとめて算出されるようです。

ちなみに楽天証券のHPでは以下のようになっています。

こちらも同じですね。

とても親切な例が書いてあったのがライブスター証券です。

このような感じです。

1つの注文が2つに分かれて約定するケースが出ているので、そう考えると別注文でも合算するというのは納得がいくのかもしれません。

全ては調べていませんが、一般信用の場合にはSMBCのようにかからないケースもあるので、各社それぞれで一律ではないかもしれません・・・。

スポンサーリンク


最後に

同一銘柄の同一約定日というのが条件になりますので、日を分けて約定したものに関しては別々にかかります。

一部を借り換えたりすると、余計な出費になる可能性もありますのでご注意を。

実際には1ヶ月以上のクロスを複数単元することは多くはないので、都度忘れてしまうのが私の現状ではあります。

※消費税は投稿時点のものですので、2019年10月以降は金額が変更になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする