【優待クロス】iPhone11も楽天証券では厳しい状況が継続しそう!?

我が家に新しいiPhone11が到着しました。

優待クロス愛好家からの目線では今回も楽天証券でのクロス取引には厳しい状況と言わざるを得ない状況でしたのでご報告いたします。

iPhoneしか使ったことがない方、アンドロイドしか使ったことがない方には少しだけ参考になるかもしれません。

スポンサーリンク


iPhoneでは楽天証券の優待クロスが不利な理由

楽天証券でのクロス取引においては、引き続き優待クロス取引に関しては厳しい状況かもしれません。

もちろん、普通に発注はできますので出来ない訳ではありません。しかし、人気の銘柄に関してはアンドロイドよりも若干不利かもしれません。

簡単に画像を添えてみてみます。

さて、以下はアプリで”注文する”を押した後の画面です。

この状態で、iPhoneの場合にはOKを押してからではないと注文するボタンを再度押すことはできません。

もしかしたらなんらかの設定で変更することもできますが、デフォルトとしては、注文するボタン→OKボタン→注文するボタン→OKボタンという作業が必要になります。

これは争奪戦の時や、キャンセル狙いの時には非常に不利に働くと思います。

その点、私が今まで使ったアンドロイドの数機種に関しては・・・

OKボタンを押さなくて、画面のエラー以外の部分を再度クリックすることで、エラーメッセージが消えます。

よって、注文するボタンの部分を連打することによって、注文→OK→注文→OK→注文が押されたとみなされます。

ということは、画面を見ずとも同じ箇所を連打することによって再注文が繰り返されるのがアンドロイド携帯。2点を繰り返し押さないと再注文を繰り返せないのがiPhoneという認識です。

※私は携帯に詳しくないので、もしかしたら設定等で変更できるのかもしれません。

ちなみに19時の段階のスタートするかどうか、というタイミングでも同じことが言えます。受付前から同じ場所を連打できるか出来ないかは大きい違いです。

スポンサーリンク


まとめ

今回は携帯での連打に関してお伝えしましたが、パソコンもそうですが、アップル製品は株取引には少し使いづらい印象があります。

アプリなどもMacやiPhoneには対応していなかったり・・・。

カブドットコムのカブステーションも使いたいのに使えません。

私はMacユーザーなので、アップルの製品の使いやすさは非常に重宝しておりますが、株取引を天秤にかけた際には少し迷いつつ使っております。。

慣れや苦手意識もあると思いますが・・・。

ただ、iPhoneに関しては楽天証券の争奪戦等は少し不利であるような気がします。

くれぐれも携帯に詳しい訳ではありませんので、設定次第では変更できる可能性もあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする