【捨てちゃいそう】GMOフィナンシャルHD(7177)株主優待到着〜2019年6月優待内容紹介

2019年6月優待のGMOフィナンシャルホールディングス株式会社より株主優待の案内が到着しました。

到着日:9月20日

届いた内容をご紹介いたします。

スポンサーリンク


基本情報は以下のようになっております。

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社(7177)

12月末・6月末が権利日になります。

事業内容:GMOインタネットグループの持株会社

※最新の株価はコチラ(リンク先:Yahoo!ファイナンス)

優待内容

2019年6月時点の優待の内容は以下の通りです。

①GMOフィナンシャルHD株式の買い付け手数料キャッシュバック(最大10000円)

②下記いずれかのキャッシュバックを株数に応じて

 ②-Aコース:取引手数料(株式、先物・OP、投資信託、FXネオ(ロスカット手数料のみ)、くりっく365

 ②-Bコース:FXネオ取引キャッシュバック(FXネオ新規建取引1万通貨単位あたり(南アフリカランド、メキシコペソは10万通貨単位あたり)10円キャッシュバック

 ②-Cコース:証券コネクト講座の平均残高に応じてキャッシュバック

  ※②-Cコースに関しては、株数に応じてキャッシュバック率が異なります。

が以下のように戴けます。

  6月末/12月末
100株以上

①及び

②3000円

300株以上

①及び

②5000円

500株以上

①及び

②7000円

1000株以上

①及び

②10000円

3000株以上

①及び

②13000円

5000株以上

①及び

②15000円

非常に分かりづらいですが、このブログの読者さんの多くは②-Aのための取得となりそうです。

到着したのは株主通信と書かれたペラ1の紙です。

しかも表紙には大きく【株主通信】となっております。小さく株主優待のご案内とはなっていますが、気づかずに捨てる方も中にはいらっしゃると思います。

GMOグループの優待特有(?)の申請が10月1日10時からとなっていました。

私はGMOのとくとくBBも使っているのですが、キャッシュバックなんかも非常に不親切な印象を受けました。そのキャッシュバックも意識していないと受け取れないので、今回も含めて企業体質としてあまり還元するつもりがないような印象を受けてしまいます。

もちろんしっかりした人であれば問題はないんでしょうが、全員がしっかりしているわけではないので・・・そういう人の取りこぼしを狙っているような仕掛けだらけという個人的な印象です。

まあ、キャッシュバックも結局使いきれないので、そんなに問題はないんですが・・・。

スポンサーリンク


最後に

今回は一般信用に関しては、そこそこ人気の優待でした。

GMOクリック証券がメインの方にとっては非常に優れた優待だと思います。

いくつかGMOグループの優待がありますが、2〜3社取得していればだいぶ安心感があるのは間違いないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする