【今回9月優待が大事】大和証券の優待変更をIPOのチャンス回数の観点から考えた

先日投稿したように、大和証券のポイントプログラムの廃止が決定されました。

ということは・・・優待クロスでチャンス回数を増やしていた方の中にはチャンス回数維持のためのクロスがもう不要の方もいらっしゃると思います。

クロス不要な方も含めて、少々考察をしてみます。

スポンサーリンク

もうクロス不要な方はこんな人?

早速ですが、もうクロス不要な方に関しては以下のような方です。

・ポイントプログラムの残高が10000ポイント以上あって、2020年12月までに失効(使用)するポイント合計を差し引いても10000ポイント以上残る方です。

言葉では分かりづらいですので画像だとこんな方です。

この方の場合だと、すでに12000ポイントあって、2020年12月までに失効するポイントが0ポイントなので、2021年3月でも12000ポイントの維持が可能です。

2021年以降も何かしらの優遇措置がある可能性もゼロではないですが、ない可能性の方が高いと予想します。

反対にこんな方はクロスの必要があります

この方の場合には現状で20000ポイントありますが、2020年末までに14000ポイントがなくなるので、2021年スタート時点では6000ポイントしか残りません。

※上記の場合には交換ポイント残高が24000ポイント以上あればクロスも不要になります。

2021年3月まで現状のIPO制度が残るようなので、たった3ヶ月のためにクロスをするのも選択肢かもしれません。

私ですね・・・。

ただ、少し懸念もありました。が、現状では薄れております。

懸念とは?

考えられる懸念はいくつかありますが、大きいものを2つほど挙げてみます。

懸念も含めて現状での大和証券のお考えをまとめてみます。

懸念①

もしかしたら今回の優待からポイントプログラムへの交換がなくなる可能性があります。次回からかもしれませんし、2020年の9月までは選択できる可能性もありますが、そのあたりは不明です。

※優待自体は今のところ残りそうですが、選択ができなくなる可能性があるということです。

いざ、取得したもののポイントに交換できずに、商品に交換するということもあるかもしれません。

今回9月は付与の対象で、次回3月は付与されないようです。

2021年1月〜2021年3月まで維持するには、2021年1月時点で残るポイント数次第で以下のようにクロスする必要があります。

〜4999ポイント:今回10000株が必要

5000〜5999ポイント:今回5000株が必要

6000〜7999ポイント:今回3000株が必要

8000〜9999ポイント:今回1000株が必要

10000ポイント以上:クロス不要

となります。

予定通り2021年3月までポイントプログラムでのチャンス回数が残る前提とすると、今回多めに取るのは選択肢の一つと言えそうです。

もう一度言います。たった、3ヶ月のためにです。(実際には申し込み時点のチャンス回数が反映するはずなので、3ヶ月+αのためにです。)

次のような懸念もありましたが・・・

懸念②

仮に私に関しては3000株クロスしたとして、チャンス回数自体に対してポイントプログラムが2021年3月まで対応するかどうかという点です。

2021年3月までは残るようです。

スポンサーリンク

最後に

たった3ヶ月のために・・・という点の感じ方はそれぞれかもしれません。

プレミアムサービスは残るので、資金に余裕があって、現状でポイント残がある方はポイント有効期限の無期限化を狙うのも手かもしれません。

私は3000株クロスしておこうかなぁ。という気持ちです。

正式にもう少し詳しい発表があると安心なんですけどね。後日違う発表があるかもしれませんので、自己責任でお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする