IPOのためにANAをヘンテコなクロスするのはいかがですか?

ANA(9202)をヘンテコなクロスするのはいかがでしょう。

SBIのIPO用の資金を確保するための手法になります。

少しだけ損するだけの可能性が高いですが、もしかしたら大きいリターンを得られるかもしれません。

楽天証券及びSMBC日興証券が主な対応となります。

スポンサーリンク

楽天証券にて

3〜400株以上確定申告+楽天大口等が好ましい手法になりますが、楽天で信用売り+いちにち信用(+現引き)して、後に現物をSBIに移管します。

27日になったら

SBI証券→制度売り+現渡し

楽天証券→いちにち信用買い+現引き+現渡し

をしてそれぞれ終了です。

378円+1日分の貸株料が無駄になってしまいますが、400株の場合には14〜150万円くらいはSBI証券の主幹事案件への資金が捻出できます。

余談ですが、11日19時からの無期限信用売りにANAが7万株以上出ていましたが、ずっと残っていたものがある時刻に一気になくなっています。

※実際にはANA以外にもいくつかの銘柄でもずっと残っていたものが急になくなるという事象がありまして、少し不可解な点もあります。楽天証券特有のたまにある例の事象なのか、意図的に回収したのかは不明です。

ただ、多くの方がクロスをしているのも事実のようですので、12日・13日約定の方は検討材料かもしれません。

SMBC日興にて

同じようにSMBC日興でも対応は可能です。

SMBC→30日に制度買い

SBI→30日に信用買い+現引き+現渡し

という段取りでしょうか・・・。

※27日に対応しても良いですが、その場合には30日に対応するよりも多少コストがかかると思っております。

少し手仕舞いが面倒な部分が出てきますが、同じようにSBIのIPOのために資金を残すことは可能でしょう。

スポンサーリンク

最後に

色々書いてきましたが、取得費なんて気にしないなら単純にSBIでクロスしてしまった方が楽だと思います。

なぜ、こういうことを書いたかというと・・・

IPOの当落は別サイトでご報告していますが、今月はなぜか当選やら補欠当選やらが見受けられるようになってきました。SBIでたかが150万円くらい余力が増えても仕方ないという感じではなく、期待値という点では400円くらい支払っても良いような気がしたためです。

まあ、ここまでやっても落選する確率が圧倒的に高いのでやらない方が多くの方には良いんでしょうが、一握りの方は幸運をつかめるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする