2回目の強制決済・・・楽天証券にてオペレーター料金適用

またやってしまいました。

楽天証券のいちにち信用の強制決済。

これまで2回目・・・だと思います。

スポンサーリンク


ふと、楽天証券を開くと下記のようなお知らせが。

メールの到着は16時過ぎですので、もうこの時点で現引きも現渡しもできないので手遅れです。

少し日常が忙しい中で、いくつか取引をしていたので、なんの件なのか・何銘柄失敗したのかさっぱり不明でした。

ただ、調べてみると、1銘柄だけだったので不幸中の幸いではありました。

14時50分ごろに届くメールをどうやったら見逃さないのか・・・。携帯は頻繁には見ないので、14時55分くらいにアラームをかけてメールチェックするくらいのことなんですがが、いちにち信用を使わない日も多いのでそれも面倒なんですよね・・・。

ちなみに前回はクロス絡みの強制決済でしたが、今回は現物処分のためのいちにち信用売り+現渡しをするためのものになります。

少しの手数料を節約しようとして、余計な費用がかかってしまうという良い例ですね。

金額は約定代金が30万円超なので一律3726円です。

他社だともう少し高いケースもありますので、まあ許容範囲です。・・・負け惜しみですが。。

ただ、楽天証券さんには大口優遇で手数料をあまり払っていなかったり、移管で便利に使わせてもらったりしているので・・・という気持ちも少しあります。

普通の含み損ならば気にならない金額ではありますが、失敗によるものなので複雑な気持ちです。みなさまにおかれましてはご注意くださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする