【IPOブシロード】SMBCプラチナステージなら当選を考えるのは甘すぎる?

先日、ブシロードの新規上場が発表されました。

まず上場規模のイメージとして以下をご覧ください。(JPXのHPより)

公開規模だけ見ると・・・あの当たりやすかった新日本製薬と比べても遜色のないレベルの案件になっている?のかもしれません。

実際には想定価格が1840円(新日本製薬は1470円)になっていますので、若干当たりづらいとは思います。いや、もしかしたら評価的に新日本製薬は高くなかったので若干ではないかもしれませんが、それでも十分に当選期待ができるレベルだと思います。

スポンサーリンク

ネームバリューがある会社ですので概要こそ控えますが、気になる主幹事は・・・・SMBC日興証券です。

公募数を見てみると以下のような感じです。

なんと37830枚!

これはプラチナステージにお金を払っている身からすると大いに期待が膨らみます。

では、そのうちSMBC日興証券がどのくらいを引き受けるかは投稿時点では不明ですが、仮に85%で考えると

その枚数は約32155枚になります。

さらに、そのうち抽選に回る割合は1割とすると3215枚の抽選配分があると仮定できます。

※実際の引き受け数により若干変わる可能性があります。

3215枚の抽選配分があると通常の当選でも5%前後が期待できます。(抽選応募が64000人程度の場合)

※最近は人数が多いのでもう少し確率は低くなるかもしれません。

ステージ抽選になってくると・・・

おそらくブロンズでは通常抽選よりも当選確率は低いと思います。

シルバーだと通常抽選と同程度でしょうか。←ここは少し難しいです。

ゴールドやプラチナになるとそれなりに確率は高くなると思います。

プラチナであれば数10%の確率で当たると思いますが、20%も90%も数10%ですからね・・。この辺りは推測込みなので濁しておきますが、低い方に近いのではないかと推測しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする