【IPO】◯億円あれば当たる!?インフォネット(SBI主幹事)

SBI証券さんの主幹事IPO案件が今週2件当選発表になりますね。

ブランディングテクノロジーに関しては少しハードルが高そうですが、インフォネットは抽選枚数も多く少し当たる可能性があるのかもしれません。

バルテスに引き続き、当選に必要資金を勝手に算出してみます。

スポンサーリンク


以下の条件で計算してみます。

条件が不透明ですので、推測しつつになります。

以下の条件で算出してみます。

・80000人が申し込んでいるとします。

(SMBCが5万人超えからの想像です。)

・資金量がまちまちですが、SBIはチャレンジポイント狙いのみの方もいるため一人平均500万円持っていると仮定

※他のIPOなどの要因もあって、資金が多少分散するのではと淡い期待を込めています。

(※1株1490円に決定)

・抽選配分割合1386口と仮定

(チャレンジポイント含む1980口と仮定し、その70%)

条件が微妙ですが、以上で計算してみます。

1口当たるための必要資金の期待値は?

仮に1枚の当選をする期待値から計算すると、

X=(80000人x5000000円)/1386口

X=28860万円(2億8860万円)

うーん、厳しい数値が出てしまいました。

おそらくチャレンジポイント狙いの人も多いでしょうから、申し込み人数は大きくは減らないでしょう。

以前だったら2000枚近く(1400枚)あれば、そこそこ期待できたのですが・・・。

少し、条件を緩くしてみましょう。

大きく500万円の資金が減るとは思いませんが、仮に平均が300万円になれば・・・・

当選に必要な資金は・・・約17316万円となります。(1単元当たる期待値)

ただ、300万円というのは考えづらく、やはり実際にはもう少し高いと思います。

スポンサーリンク


最後に

やはり当選を期待するには最低1億円以上は必要だと取れますが、試算に関する詰めの甘さは多々あると思います。

もちろん中には100株申し込みで当たるツワモノもいらっしゃると思いますが・・甘めに2億円くらいで見積もったとしても

1000万円・・・5%程度

3000万円・・・15%程度

5000万円・・・25%程度

1億円・・・・・・50%程度

の当選確率と予想します。

甘く見積もると2億円で100%という計算にはなりますが、2単元当たる方もいらっしゃれば、当たらない方もいらっしゃいます。よって、あくまでも期待値でのお話です。

この案件に関しては、他社でも扱いはありますが、非常に厳しいながらもSBIに資金を集中させた方が当選はしやすいでしょう。

現在BB受付中ですので、お忘れなく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする