【メルペイで20%引き】すかいらーくの優待価値が相対的に下落する!?

追記※20%キャッシュバックではなく、20%引きのようです。

どうやらメルペイのキャンペーンではすかいらーくグループの一部店舗の20%のポイントバック→値引きなるものが投稿時点では実施されているようです。

もっと高い還元率のキャンペーンをしていたかは不明ですが、20%というとだいぶ惹かれてしまいます。

スポンサーリンク


株主優待を所有している場合にはどちらを使うか・・・

株主優待をお持ちの場合には、使わない方がお得かもしれません。

私は自己使用のつもりで取得しているのですが、家族分も含めるとまだ12月優待が7万円近く残っております。(合計8万3000円取得)

自己使用のつもりで、売るつもりはなかったのですが・・・メルペイの影響で少し考えが変わるかもしれません・・・

というのは

仮にそのうち1万円分をフリマアプリで売るとなると・・・手元に残る金額は8300〜8400円程度でしょうか。(88%で売却、3.5%が販売手数料、匿名送料175円とする)

メルペイで10000円分を支払うと2000ポイントがポイントバックされることを考えると・・・8000ポイントの消費で10000円分の食事ができる計算になります。

単純な比較は難しいという前提ですが・・・300円得するんです。

よってフリマアプリで売った資金を元にメルカリペイで支払う。ということも考えてしまいます。

※株主優待の転売目的での取得を推奨するものではありません。

株主優待の価値が下がる!?

株主優待を所有していなくて、メルペイを利用していたら・・・確実に投稿時点ではすかいらーくの株主優待をフリマアプリで購入することはないと思います。

というのは、先ほどの場合では300円ではなく、販売手数料や送料を引く前の金額で計算しますので・・・

フリマアプリで購入する場合には88%の費用が掛かります。

それに対して、メルペイであれば80%のポイント消費になりますので、

10000円の場合には800円も得になります。

※5%引きクーポンがある場合には300円の得になります。

こう考えると、冒頭でもお伝えしたように株主優待をフリマアプリで購入することは考えづらい状況になりますので、

需要が少し減る=株主優待の価値は少しだけ下がるのかもしれません。

私のように◯◯ペイに対して情報を抜き出されたりすることに対する抵抗がある人も多いでしょうから、ガクンと落ちることはないと思います。

しかし、今後のキャッシュレス化の本格スタートまでは各社キャンペーンをするかもしれません。

スポンサーリンク


最後に

キャッシュレス決済本格導入にの前に各社で熾烈なキャンペーンが行われています。

少し落ち着いてきた感じもありますが、それでも20%ポイントバック→値引きは”株主優待も所有している側だとしても、株主優待を使わない方が得ではないかと感じる程のインパクト”があります。

キャンペーンと睨めっこしながら都度考えていきたいものですが、優待価値が大きく落ちるようなことにならないことを切に願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする