【SBI証券キャンペーン】100万円分の移管の戦略を考えた件

SBI証券の移管キャンペーンで5月中(6月1日まで反映)に移管を100万円する方法をいくつか考えてみました。

※6月の移管はまた考えます。

ちょうど良い優待があれば、良かったのですが・・・クロスの早期化で選択肢が少なくなってしまっております。

スポンサーリンク


投稿時点では残り丸々100万円が残っております。

なお、29日現渡しに間に合うとなると、逆算して21日までにクロスしたものが前提となります。

※現渡しを遅らせるのも手かもしれません。

100万円移管を達成するための方法

考えましたが、あまり選択肢はないのかもしれません。

確定申告や損益通算ありでの考えなので、申告しない場合等は当てはまらないかと思われますので、ご注意ください。

では。

①案

5月末優待で他社でクロスしたものの現物のみをSBI証券に移管する。

そして現渡しではなく、それぞれ反対売買をする。

という手法です。

ただ、この場合には楽天の大口やSMBC等でない限り、信用売りの反対売買にはかかってしまいます。(いちにち信用+現引き→現渡しが可能な場合もあり

可能であれば1銘柄で100万円を超えることが好ましいです。

※15日・20日優待だと既に余計なコストがかかりますが、できないこともないと思います。

②案

6月以降の他社で信用売りしているものを、一旦SBI証券に移動させる。

その後は、

②ーa案:SBI証券からさらに移管(ちょっとやりづらいです)

②ーb案:SBIで現物処分(信用売り+現渡し)、再度他社用で現物手配

ペナルティがあるかどうかは分かりませんが、ないと断言はできませんので②ーa案は私は出来ません。

②ーb案は余計なコストがかかる場合があったり、拘束資金が多くかかったりします。

③案

SBI証券内で月末クロスができるものを検討して、現物は他社から移管する。

という一番オーソドックスな対応方法です。

私もこれで対応しようかと思っておりましたが、現状で選択肢がほとんどなくなっている印象です。

今後の争奪戦での復活はあるかもしれませんが・・・。

なお、余談ですが・・

制度信用で繋いでおいて、直前に一般信用に切り替える。というやり方もありますが、一般信用がここまで早く無くなるようだとタイミングがとても難しいと思います。(失敗する可能性もあります。)

反対に一般で繋いでおいて権利落ちをまたいでもそのまま(or制度に切り替えて)移管が完了するのを待つ・・・という選択肢もありますが、5月中に間に合わない可能性もあります。

スポンサーリンク


最後に

他にもやり方はあるかもしれません。

①や②に関しては、現状で確保している銘柄を元に検討できると思います。

6月が2000円無料になれば、6月の移管キャンペーン(7月優待向け)の対応も簡単になるかと思います。

よって、今苦労すれば2ヶ月だいぶ楽になると思います。

もう少し悩むことになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする