【株主優待】カタログギフトは選択するものが変わってきた。

優待クロスを重ねていくと、似たり寄ったりのカタログギフトが多々到着します。

最初の頃は届くのが嬉しくて、『何にしようかなぁ』と楽しみに見ていました。たまに食品を選択したり、モノでは、ちゃぶ台のようなテーブルや、洋服をかけるポールなどを選択しました。

最初の頃はどうせなら残るものの方が良い。という気持ちが強かったのですが、最近では嗜好が変わってきました。

スポンサーリンク

家が狭くなり、なくなるものを選択するように・・・

桐谷さんほどではありませんが・・・・家の中にはちらほらと優待品が・・・。

最初の頃は届くのが楽しみでしたが、中途半端なものがいくつも届く印象で・・・

値段相応なものなんですが・・・。3000円のテーブルなんて、量販店で買えば1000円で買えるわけで・・・。

最近では、すぐになくなるものが良いということで、一回で無くなるお肉や早めになくなるジュース、お菓子等を選択するように。

他では、消耗品の洗剤や入浴剤といった最終的にはなくなるものを選ぶようになりました。

カタログギフトは中には合算できたり、プレミアム優待クラブのコインのような高額商品に交換できるものもあるようですが、カタログギフトは全ての商品が割高。割高ついでであれば、お肉のような贅沢品の方がしっくりくる。しゃぶしゃぶ用のお肉1枚が800〜1000円とか笑えますが・・・。

半値の価値もないような気が・・・

カタログギフトや商品などは私は優待価値を半分程度で見積もっていますが、最近はそれ以下で見積もるべきなんじゃないかって思うようになりました。

扱っているものは大体どこでも買えるものが多く、半値セールでも手が出ないものが多い印象。

そう考えると、1/3くらいで見積もるようにするべきなんじゃないかと思うようになってきました。

あくまでも個人の基準ですが、クオカード1000円とカタログ3000円ならカタログを選択する程度・・・。

クオカード1500円ならそちらを選択。

カタログは選ぶのも面倒、到着時に在宅したり再配達依頼も面倒。と考えポストに入るものの方に手が伸びるようになります。

※ご批判をいただくかもしれませんが、書いてあるように個人的な基準です。とはいえ、額面通りに受け取っている方もいらっしゃらないとは思います。同じ株価であればどちらが良いかを個人で判断するのは当たり前だと思っています。

スポンサーリンク

最後に

優待の消化までがクロス取引だと思いますが、少しずつ人間味のないクロス取引になってきました。

冷凍で届くものは解凍すら待つのすら億劫に・・。

お肉はしゃぶしゃぶ・すき焼き用が1枚1000円弱、アイスは一個数百円、マカロンは一個2〜300円、パスタソースは2人前で1000円、ワインは一本数千円・・・。違いも分からないのに、そんなものばかり選択しているので金銭感覚も少し麻痺してきました。

定価のコンビニではクオカードをどんどん使い、どこに行っても(クロスで浮いた費用でという気持ちで)高くても無駄遣いするようになってきたような・・・いつまでも富裕者にはなれそうもないです・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする