SMBC日興証券ステージ別の必要資金を大まかに計算してみた。

SMBC日興証券のIPO当選を目指すブログとして、毎月どのくらいの信用建てをしたら良いのかを計算してみました。

預り資産平均ではなく、クロスで建て合計で目指す場合になります。

スポンサーリンク


①繁忙期と閑散期で適当なバランスで検討する場合

まず、繁忙期と閑散期でバランスを見た場合です。

バランスは適当ですが、繁忙期を基準に少なめで考えて見ます。

以下の表は下にスクロールさせていくと、どういう経緯を辿ったかがわかるようにしています。

※ブ:ブロンズ、シ:シルバー、ゴ:ゴールド、プ:プラチナになります。

まず、クロス繁忙期に無理のないように平均より減らした額を入力します。
 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

150

150

   

150

 

150

150

   

150

 

600

600

   

600

 

600

600

   

600

 

1800

1800

   

1800

 

1800

1800

   

1800

 

3000

3000

   

3000

 

3000

3000

   

3000

上記を元に全てが条件を満たすように埋めていくとまず以下のようになります。                          
 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

450

150

150

450

 

150

450

150

150

450

 

150

1800

600

600

1800

 

600

1800

600

600

1800

 

600

5400

1800

1800

5400

 

1800

5400

1800

1800

5400

 

1800

9000

3000

3000

9000

 

3000

9000

3000

3000

9000

 

3000

さらに残りを埋めると以下のようになります。                          
 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

450

150

150

450

150

150

450

150

150

450

150

150

1800

600

600

1800

600

600

1800

600

600

1800

600

600

5400

1800

1800

5400

1800

1800

5400

1800

1800

5400

1800

1800

9000

3000

3000

9000

3000

3000

9000

3000

3000

9000

3000

3000

少し微調整をして以下のような感じです。5月が少しもったいないですが仕方なしです。
 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

450

150

150

450

150

150

450

150

150

450

300

0

1800

600

600

1800

600

600

1800

600

600

1800

1200

0

5400

1800

1800

5400

1800

1800

5400

1800

1800

5400

3600

0

9000

3000

3000

9000

3000

3000

9000

3000

3000

9000

6000

0

結論としては、最大に必要な月間を元に計算して、少しだけ余裕を持って

ブロンズ:150万円

シルバー:600万円

ゴールド:1800万円

プラチナ:3000万円

としておきます。

一番妥当な方法かもしれませんが・・・

上記で考えるとプラチナを目指すためには、閑散期にクロスする額がすごい額になりますね。。

次に、もう少し余裕がある方で、閑散期のみでクロスをした場合です。

②仮に閑散期のみで対応する場合

優待繁忙期の2、3、6、8、9、12月を除いて考えると・・・

その場合には1、4、7、10月のみで対応で良いです。

※5月は不要です。

その月に15000万円のクロスだけすれば、毎月の平均5000万円の建て代金が可能です。

どのみち4月、7月は単月で15000万円いく必要があるので、その方であれば1、10月も単月で達成できるはずです。

閑散期のみで全て対応する場合には

ブロンズ:250万円

シルバー:1000万円

ゴールド:3000万円

プラチナ:5000万円

としておきます。

③他の投資をしない場合

その場合には単純に毎月で計算すれば良いので、②を3で割った金額があれば可能になります。

それでもプラチナの場合には1600万円くらいは最低必要となります。

できれば1700万円くらいは・・・という感じでしょうか。

スポンサーリンク


最後に

もっと簡単かと思っていましたが、計算してみると結構厳しいですね。拘束される資金を考えるとなおさらに・・・。

当選を考えると・・・最低シルバー以上にしたいですが、欲を持ってゴールドに。いや、プラチナに。と、どんどん欲だけ出てきそうです。

IPOが多い月の対象期間3ヶ月のうちに閑散期が2ヶ月ある月だけ目指す。というのも手かもしれません。(例えば12月における10月・11月等)

ただし、このやり方は費用がかかるのが難点です。後日に当選確率等を踏まえて、実践するべきかどうか。という投稿もアップ予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする