【スタンス】ヴィッツと東名は東海東京のみの申し込みです※一部除く

私はIPOと優待クロスの資金は同一資金を利用しています。

となると、標記の二社に関しては、IPOか優待クロスかを洗濯しないといけません。

※ヴィッツに関しては、優待クロス後の資金で買付余力があれば抽選を受けることは可能ですが、証券会社が限られます。

スポンサーリンク


さあ、どちらを取りましょう・・・。

まず、東名ですが東名に関しては基本的に抽選26日の夕方が多いので、完全にクロスの権利付最終と重なります。

主幹事以外の当選する確率は不明ですが、当選した場合に得られる(申込者全体を考えた)期待値はいくらくらいなんでしょう。

当選した場合の利益を20万円として・・・仮に高めの当選確率1%として、得られる期待値は2000円です。

主幹事以外で1%の当選率を超えるところはおそらくなさそうですが・・・。

33万円の拘束で2000円の期待値であれば、優待クロスの方をしていた方が良いかもしれません。

よって、主幹事以外からは申し込みをしないようにしたいと思っています。

※IPOチャレンジポイント狙いもしません。

次にヴィッツですが、こちらの方が値上がり益は高そうです。

しかし、こちらは当選確率は少し低くなるために期待値としては同じ程度かもしれません。

よって、同じく主幹事以外からは申し込みをしないようにしたいと思っています。

ただ、28日抽選になるのでチャレンジポイント狙いくらいはしとこうかと・・・。

スポンサーリンク


ここまでのスタンスが決まったので、取り急ぎいくつかの証券会社から出金段取りを取りました。

これで、残っている資金を確認して、残りの取得銘柄を決めたいと思います。主にSMBC日興から検討します。

こういう時が一番IPOのチャンスなんでしょうが、期待値判断だと優待クロスをしたくなってしまいます。

こう書かないと優柔不断で動けないだけでした・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする