【楽天証券】一旦保護預りにしたものを信用代用にはすぐに戻せない。

先日のことです。

他社で信用売りを確保したものを、楽天証券で現物取得しました。

受け渡し日を過ぎたので、信用代用だったものを保護預りに変えて移管をするつもりでした。

しかし、他の取引により思った以上に楽天証券の信用余力が減っていることに気がつき、再度保護預りにしようと思った時の出来事です。

スポンサーリンク


信用代用→保護預りをした後の、再度信用代用にはすぐにできない!?

振替画面に保護預りにした銘柄の表示が出てきません。

保護→代用への変更のやり方は知っていますが・・・。

どうやら

楽天証券では保護預りにした日の2営業日後にならないと再度代用扱いにはできない。

と教えていただきました。
 
 
はい。全く知りませんでした。
 
結果、2営業日後になり、再度代用に変更することができました。
 
 
ちょっと違う件ですが、以下のような場合には証券金融会社も絡んでいるのでなんとなくわかるのですが・・・
 
再担保対象者以外の場合、リアルタイムで振替が実行されますが、再担保対象者(*)の場合、信用代用から保護預りへの振替は、振替指示日から2営業日後となります。
(*)再担保対象者とは、FX口座、先物オプション口座、貸株サービスが未開設、かつ「らくらく担保」の自動振替の対象に「株式」を選択していないお客様となります。
上記を少しだけ紐づけると、もしかしたら自動振替の対象に株式を選択しているかどうかによっても違うのかもしれません。
 
ちなみに、カブドットコム証券で試してみましたが、代用→保護預り→代用は即時で可能でした。
 

スポンサーリンク


最後に

証券会社ごとにルールはあるでしょうから知らない方が悪いのですが、なぜ出来ないのかは理由が分かりません。

全ての方に該当するのかどうか、設定によって違うのかも不明です。らくらく担保の本質をそろそろ本気で理解しないといけないのかもしれません。

ただ現状で言えることは、【信用代用から保護預りに変更する場合には注意をした方が良さそう!!】ということです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする