力を抜くのも優待クロスには大事かも・・・。

いつもやり取りさせてもらっている方の中には、四六時中クロスのことを考えている方もいらっしゃれば、月末になるとちょっこりと制度クロスを中心にしている方もいらっしゃいます。

私はブログをやっているので、どちらかといえば前者に近いのですが・・・・

スポンサーリンク


100%取得しようとするのは疲れる・・・

この3月は本当にしんどいです。。チェックだけでも大変です。

頑張って自分の取得したい銘柄を全て取ろうとすると・・・争奪戦で取り逃がしたりするケースも含めて、相当な労力を消費します。

私は実際に取得したいものを100%取得はできているわけではないですが、実際には90%くらいの労力で欲しいもの95%くらいは取得できていると思います。

四六時中、優待クロスのことを考えていれば100%に近い成果を残せるかもしれませんが、色々と準備をしても在庫が出なかったりを考えると、無駄な手間がかかっているのは間違いなさそうです。

権利付最終日にだけ適当に取得する労力を、毎日頑張っている人の労力と比べると1/10以下でしょう。それでも、数10%取得できれば御の字かもしれません。

そう考えると、成果は必ずしも労力に正比例はしないということになりそうです。

おそらく優待クロスの労力と満足度のグラフは以下のようになると思います。

時間に余裕があったのでグラフ化してみましたが、もちろん月によっても違うでしょうし、数値も適当です。

ただ、労力が少ない方が効率は良くなる。

ある程度労力をかけると、労力をそれ以上にかけても満足度は少ししか増えない。

という状態は間違いないのではないかと思います。

スポンサーリンク


自己基準でクロスをするのは良い手かも

まだ、在庫があるから明日にしよう。とチェックするのも労力を必要とします。

そう考えると、この銘柄は優待利回りが◯%以上なら取得してしまおう。

もしくは、この銘柄は優待価値の◯%以内なら取得してしまう。

という手法は楽かもしれません。

一度事前にチェックしておけば、いつ頃取得すれば良い。というのも分かります。

チェックが面倒でなければ毎日色々な銘柄をチェックをして、この銘柄は取得してしまおう。予定のコスト内だし・・・。

くらいの方が気楽なのかもしれません。

7割程度の労力で、もし9割近く取得できるようであれば、それを選択する方がいらっしゃるのも大いに分かりますね。

私がやりとりしている方は直前だけ動く方もいらっしゃいますが、一番理にかなっているのかも(!?)しれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする