◯万円あれば当たる!?ミンカブ・ジ・インフォノイド(SBI主幹事)

昨年末のIPOへの不信感も不思議なもので年が変わればどこへやら。

SBI主幹事で久しぶりに当たる可能性がある銘柄があったので、気休め程度に当選必要資金を算出してみます。

スポンサーリンク


以下の条件で計算してみます。

メルカリなどよりは圧倒的に少なくなると思いますが、ついでで申し込んでいる人も多いと思いますので、以下の条件で推測してみます

・70000人が申し込んでいるとします。

・資金量がまちまちですが、SBIはチャレンジポイント狙いのみの方もいるため一人平均1000万円持っていると仮定

→3月なので少し資金ショートしている方もいらっしゃるかもしれませんので、平均で700万円と仮定

     貯金の中央値や平均を利用するのもおかしそうなので上記は甘いかもしれませんが、数億円預けている方も多いのが事実です。

(・100株1050円に決定)

・抽選配分割合7280口と仮定

(チャレンジポイント含む10400口と仮定し、その70%)

条件が微妙ですが、以上で計算してみます。

1口当たるための必要資金の期待値は?

仮に1枚の当選をする期待値から計算すると、

X=(70000人x7000000円)/7280口

X=6730万円

・・・これだと相当厳しいですね。。

おそらくチャレンジポイント狙いの人も多いでしょうから、申し込み人数は大きくは減らないでしょう。それよりも、日興で5万人を越えることが多いくらいなので、現状でSBIで申し込みをする方は7万人よりも多いのかもしれません。

仮に、みんなが3月で資金難が激しいという前提で考えると・・・

一人平均300万円の資金として・・・

2884万円必要です。

スポンサーリンク


最後に

最低でも3000万円くらいは必要だと取れますが、試算に関する詰めの甘さは多々あると思います。

もちろん中には100株申し込みで当たるツワモノもいらっしゃると思いますが、100株当てたい期待値としては1〜2000万円では厳しいのかもしれません。

優待クロスをセーブしているので、なんとか100株当たってほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする