手数料節約しようと信用売りをまとめる作業に失敗…

少し前に苦労して取得した銘柄があったのですが、1単元ずつ合計2単元を信用売りしたのですが・・・。

注文を分けて発注した状態でしたが、ケースによっては注文をまとめた方が手数料は安くなるので・・・。という気持ちから派生した失敗あるあるです。

スポンサーリンク

複数の注文をまとめることで手数料が安くなる

これは、全ての証券会社に当てはまるイメージです。

※カブドットコム証券の一部の注文は分割した方が安くなります。

節約できる金額は一般的にはせいぜい数百円というところでしょうか。

今回私が節約しようとした金額は200円程度です。

余談ですが、カブドットコムでは、抽選等で一括で当たったものをキャンセルして、分割注文にすることでやすくなるケースもあります。

まとめることで手数料が安くなることと、まとめる際に(どなたかに取得されて)取りこぼす可能性を天秤にかけて・・・葛藤しました。

この葛藤はクロスをしていく中で、いつかは当たる壁だと思っております。

キャンセルは横取りされる可能性

横取りというと言葉が悪いですが、キャンセルを狙った注文網が人気銘柄には多数あります。

キャンセル後の一括注文(もしくはキャンセル後の分割注文)はリスクが伴います。

まとめたい株数が1000株の場合で、500株+500株をキャンセルした場合に1000株の注文をしたとして、どなたかが100株でも取得してしまうと、900株になるので注文が通りません。一部でも取得されるとまとめることもできなくなってしまいます。

銘柄やキャンセルする注文数(や証券会社)にもよりますが、私の場合には人気銘柄で再発注が通る確率は5割くらいです。(不人気銘柄ならほぼ成功します。)

キャンセル→再発注の準備に関しては、相当な用意をしているつもりです。

それでも5割程度です。

まあ、キャンセルを実施する銘柄は、人気銘柄であっても最悪どなたかが取得してもいいや。と思ってのキャンセルなので仕方ないと割り切りますし、逆のこともあるでしょうからお互い様だと思っております。

このようなクロス投資家の少しでも節約したい願望が一部のキャンセルを生み出していると言えそうです。

そして今回も失敗

いざ、2つの注文をキャンセルし、1つの注文をかけました。

こう書くと、あんまり考えていない行動に感じますが、先ほどもお伝えしたように相当な準備をしての対応です。

しかし、「在庫がありません。」というような表記が出ました。

覚悟はしていましたが、また失敗しました。

おそらく、成功率50%であれば、キャンセルせずに手数料をかけてでも取得した方が良いと思いますが、それに挑戦してしまうのは何故なんでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

キャンセル後の再発注は要注意です。

人気銘柄であればある程に再取得は難しくなります。

若干の手数料のためにキャンセルするのは得策ではなさそうですが、成功した時のスッキリ感は多少あります。

ただもしする場合には、失敗しても許容できる銘柄でするように対応した方が良さそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする