【確定申告】株主優待にも税金が掛かるってご存知ですか!?

【株主優待も確定申告は必要】っていうのはよく言われています。

しかし優待ブロガーでオークションなどで優待を売却している皆様は優待の確定申告はどうしているのでしょうか?

多くの方には関係ないお話ですが、極一部の方には切実な問題かもしれないので、該当する方だけ読んでください。

スポンサーリンク

そろそろ確定申告の時期

取得費は補充しないと資産維持ができないので、いくつかは株主優待を売ることを考えています。

よって株主優待を売った場合の税金に関して考えてみました。

そもそも通常のサラリーマンの方であれば、本業以外の所得の合計が20万円以下の場合には確定申告の必要がありません。

裏を返すと、所得が20万円を超える場合には確定申告の必要があります。

※自営や主婦(主夫)などの場合には一般的には38万円を超える場合に申告の必要があります。

所得が20万円(38万円)を超えるというのはどういうことでしょう。

所得=売上ではありません。

所得=売上ー経費になります。

よって、オークションなどで売却した場合でも、優待取得にかかった経費や送料、落札手数料は経費として認められる。というのが一般的な考え方です。

私は自己使用するものに関しては分けて考えていますが、売却した場合には税金がかかると個人的には考えています。

※自己で使用した分も税金はかかると断言しているサイトもありますが、所得と言っていいのかどうかは個人的には分かりませんし、なぜ断言できるのか疑問です。

また、仮に税金がかかるにしてもどのように申告したら良いのかわかりません。

「株主優待にも確定申告は必要です!!」とは私も簡単に言えますが、経費の申告の方法を100%解説できる方はいるのでしょうか。

いくつかのケースで考えてみました。

この場合はどうなる!?

ケース①【仮にクロスで取得費が1000円かかった優待を1万円で売った場合】

上記はなんとなく分かります。

10000円ー取得費1000円=9000円の所得。

なんとなくそのような気がします。

でも実際には取得費が損益通算されれば、変わるのでしょうか。

ケース②【クロスではなくて、100万円で買った株を95万円で売った際に取得した優待を1万円で売った場合】

この場合の取得費は5万円(+売買手数料)でしょうか!?

※もしその場合で5万円の損失が他の利益と損益通算された場合には約1万円の税金の還付があるので、取得費は4万円(+売買手数料)になることもあるのでしょうか!?

それとも譲渡損は考慮されずに取得費は0円or売買手数料のみでしょうか!?

優待到着時に現物株を売却していた場合には特に、実際には5万円の損をしているのに、取得費が認められずに1万円分を確定申告する必要があるとなると・・・それはそれで明らかにおかしいと思います。

優待前に現物だけ買って、権利落ちで大きく落としたのに確定申告で余計に税金を払う。ってなったらクロス以外の優待投資家は大きい影響を受けます。

ケース③【1000円で100株空売り。現物は時間差でクロスして900円で100株取得した優待を1万円で売った場合】

個人的には推奨しませんが、時間差クロスと呼んで実践している人もいますし、たまたま現物買いを忘れていたので、結果的にこうなることもありそうです。

この場合は、手数料こそ掛かっていますが、譲渡益も発生しています。

この場合の取得費としては個人的にはなんとなく、現物株の売買手数料のみになりそうですが、現渡しした場合には信用売りの手数料までを取得費に入れて良いのでしょうか!?

いくつかケースを挙げましたが

もしケース②の場合で数万円が経費として認められるというのであれば、取得費の調整は簡単に出来ます。

よって普通に考えれば、取引手数料と貸株料・金利・逆日歩等のみが取得費ということになりそうです。(完全な持論です)

が、それだと納得いかないケースが多々あります。

スポンサーリンク

損益通算されたものはどうする?

先ほどの【仮にクロスで取得費が1000円かかった優待を10000円で売った場合→9000円の所得】の話に戻ります。

この場合には取得費の1000円が損益通算されたらどうなるのでしょうか!?

200円くらいの還付があるとして、取得費は800円程度で計算するのでしょうか!?

近年の相場からすると、損益通算されている方はとても多いのではないかと思います。

もし、そこまで計算する必要があるとして、正確な確定申告ができる人がどれだけいるのか。正確な確定申告をするための労力となると・・・数日かかりそうな気がします。

ましてや多くの書類を扱う税務署側が合っているかどうかを確認するのは尚更不可能だと思います。

逆日歩MAXの銘柄を売れば得する?

クロスの場合には取得費の調整は簡単にできそうです。というのは、例えば

・間違って損失を出してしまった優待を売る。

・逆日歩がMAXかかった銘柄の優待を売る。

等が可能になってきます。

特に、逆日歩がかかった銘柄で取得した優待を売却することで、税金を減らすことが可能になる人もいるので、

逆日歩がいっぱいかかったら売却して確定申告、逆日歩がかからなかったら自己使用をする。という気持ちで制度クロスをすることも選択肢になるように考えてしまいます。

※もちろんここでも自己使用分も税金かかるかどうかの争点は残ります。

スポンサーリンク

まとめ

結局答えがない問題ではありますが、確定申告の難しさから、一定額を超えないように調整している方が多いのかもしれないと感じました。

ただ税務署に聞かれても返答次第で税務署側も返答ができないような事態になりそうな気もしますし、チェックは不可能と言えそうです。税務署側も全てチェックしていたら多分人件費がとんでもない金額になります。

考えるほどに優待に関しての正解が無いように感じてきますが、どうなんでしょうか・・・。

株が分離課税されていることで複雑さを増していますが、分離課税することでわざと面倒なことに蓋をしているとも言えそうです

反論は受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする