【サンバイオ】SBI証券への影響は!?

サンバイオの急落が続いていますね。

バイオ銘柄の怖さは忘れた頃にやってきますが、巻き込まれている方に関しては、きっと心中穏やかではないかと思います。

かくいう私も、サンバイオほどの急落ではありませんが、バイオ銘柄で急落にあった経験もあります。

スポンサーリンク

サンバイオを買う買わないではなく、どんな影響が出るか。そんな思いでサンバイオの株主構成を調べてみると、SBI証券さんが全体の2.39%の1,187,100株を所有しておりました。

いつから所有しているかはわかりませんが、直近の急落を見るとかなりの金額です。

 SBI証券はSBIホールディングスの一端を担う企業ですので、少し影響が出るのかと思いましたが・・・。

SBIホールディングスのリリースが1月30日にありました。(以下、SBIホールディングスHPより)

当社子会社である株式会社SBI証券(以下、「SBI証券」)に関しましては、サンバイオ株式会社(東証マザーズ上場、証券コード:4592、以下「サンバイオ」)が2018年9月13日に提出した四半期報告書において、2018年7月31日現在においてサンバイオ株式を1,187,100株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合:2.38%)を保有している旨が公表されております。

 SBI証券が保有する当該サンバイオ株式は、SBI証券の顧客による信用取引等にかかる顧客資産であり、SBI証券またはその親会社である当社が投資目的で保有しているものではございません。そのため、サンバイオ株式の株価変動による当社の連結業績への影響は皆無ですので、その旨お知らせいたします。

肝心な部分だけ抜き出すと、

”SBI証券の顧客による信用取引等にかかる顧客資産であり”となっています。

顧客の買い建て資産ということで、投資目的の保有ではない。とのことでした。

スポンサーリンク

少し安心したと共に、顧客の多く(大口も)が多大な損失を出すような状況です。アナリストも強気な予想をされている方も多く、多くのファンドにも組み込まれているでしょうし・・・。

バイオブームの頃ならともかく、バイオは最近はリスクだけが高いような印象です。

PTSだけ見ると明日は寄り付くことも想像できますが、ホルダーの方もそうでない方も慎重なご判断をされてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする