【ポイ捨て厳禁!?】年間取引報告書が続々と到着

続々と年間取引報告書が到着していることと思います。

よく見ずにゴミ箱にポイッ!!お金を捨てているかもしれません。

どうせ今年はマイナスだから、ゴミ箱にポイッ!!将来の戻るかもしれないお金を放棄しているかもしれません。

スポンサーリンク

年間の取引報告書は、主に確定申告で必要になります。

確定申告といえば、本来払うべき税金を支払ったり、納め過ぎた税金を還付してもらう手続きになります。

多くの方は証券会社で解説している口座は特定口座(源泉徴収あり)の方が多いと思います。その場合には確定申告は義務ではありませんが、確定申告することで納め過ぎた税金が戻ってくる場合があります。また、損失が出ている場合には、損失を繰り越すことで将来の利益に対して支払う税金を安くすることも可能です。

人それぞれ節税方法はありますので、詳しい説明は避けますが、下記のカッコ内に当てはまるような場合には検討の余地があるかもしれません。

・3年間の損失の繰越(トータルで損失が出ている場合)

・各証券会社間での損益通算(損失、利益がそれぞれの証券会社で出ている場合)

・配当の総合課税・分離課税(累進課税の税率との差を利用する場合)

※源泉なしの場合には利益額によっては申告しない(サラリーマンさんなどは20万円以下の利益の場合)

など、確定申告をすることで金額が戻って来たり、将来的な節税につながる場合があります。

気になる方はそれぞれ調べて対応するようにしてください。

スポンサーリンク

慣れていれば書類作成に30分もかかりませんし、合計でも1時間程度の作業になります。

経験という意味でも確定申告をしたことがない方はしてみると良いかもしれません。

クロスだけの方も翌年以降に繰越しておくと良いことがあるかも・・・!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする