楽天証券の大口優遇の更新手続き完了させました〜2019.1

先日もお伝えしたように、今月は大口優遇を更新するのに非常に良い月間です。

ということで、早速更新手続きを終わらせました。

スポンサーリンク


毎回大事だと思うのが銘柄選びです。

特に大口優遇が受けられるかギリギリの金額の場合には、成行ではなく指値で調整したりする必要があります。

・売買高がある銘柄

・ストップ貼りつきにならなそうな銘柄(値動きが少ない銘柄)

・念のため2回に分けて銘柄を変更する(前場・後場)

という基準で私は選択していますが、

今回に関しては、先日上場したソフトバンクで対応しようと思ったら、特別空売り料がかかる模様です。。仕方ないので、ややこしいですが、ソフトバンクGに変更。

午前にソフトバンクGにて9割程度(4500万円程度)が賄えたので、午後に関しては、やりたかった実験込みで残り分だけ適当に利用して終了しました。(ということで、今回は費用がかかっており、0円での更新ではありません。わざとです。)

念のため、金額を達成しているかを確認すると以下の通りです。

無事に達成のようで良かったです。

さて、大口適用を狙ったクロスの一番のリスクは引け注文を忘れることです。これは私はよく失敗するのですが、これをしてしまうと同じ価格で約定できない可能性が出ます。

上記のようなことがあるので、先ほどの条件として、値動きが少ない銘柄を選ぶようにしております。(失敗した時の損失が少ない。)

まあ、裏を返せば、失敗が成功に変わった場合のリターンも少ないんですが。

また、お金持ちの方には午前の引けと午後の寄りという1時間で終了する1回のお取引をお勧めします。

なお、現引き・現渡しはしません。

余裕があればしても良いのですが資金拘束が行われます。

スポンサーリンク


これで楽天さんからのメールが来るのを待って終了、次回は4月に更新予定です。

この作業により、私は毎月数千円〜の手数料を節約できていますが、いざ取引を間違うと一気に数万円のマイナスも有り得ますので毎回ヒヤヒヤです。

これから対応する方はご注意くださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする