【地味にキツイ長期優遇】クリレスの長期優遇失敗しそうだなぁ・・・。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(以後、クリレス)の長期優遇ですが、早くも不安たっぷりの状況です。

カブドットコム証券では扱いが長期ではなく、短期14日の扱いになっています。

スポンサーリンク

クリレスの長期優遇制度

まず、クリレスの長期優遇制度をおさらいします。

長期優遇制度の追加贈呈分は以下のように発表されております。

※クリエイト・レストランツ・ホールディングスHPより

基準日3回連続でいずれも200株以上所有している場合に、通常の株主優待に追加して戴けるものになります。

私の現状

私は前回の優待時には200株所有でした。

本当であれば1500株等の取得で、200株を超えていたかったのですが、非常に厳しくGMOクリック証券さんのおかげで200株をなんとか確保できた状況です。

まあ、今となっては、2019年2月、8月と200株以上取得の必要があり、2月のハードルが結構高そうで、甘い考えで200株を取得したことが結果的に後悔されます。100株で良かったんじゃないかと・・・。

カブドットコムでも長期在庫→14日在庫になっており、2月になってみないと取得できるかどうかがわからない状態かもしれません。

クリレスの長期優遇は賢いクロス封じ!?

100株保有のままで1年継続保有で+αの優待をもらえる。というのはよくありますが、クリレスのように100株で3000円をもらえるように維持しつつ、200株になって1年経過すると+αがもらえます。っていうのは、ある意味すごく賢い戦略だと思います。

こうすることによって、多数存在する100株株主さんの中で、200株派と100株派に分かれます。

また、200株取得するくらいなら無駄になるかもしれないので、500株以上取得してしまおう。という意志が働きます。

ということは、同じ信用在庫数であれば間違いなく株主数は減る方向に作用させます。

長期優遇という名目のある種のクロス封じのような。。。

クリレス側としては100株所有者が減ることでコスト減につながります。

もちろん長期分での負担はあるでしょうが、実際にはそんなに負担をすることなく、長期優遇の+αが出来ているのではないかと思います。

スポンサーリンク

最後に

前回が無駄になる。という概念を持ってしまうので、200株所有はオススメしません。

予算があれば、最初から500株や1500株等の所有の方が気が楽です。

前回も200株以上だったから今回も200株以上を狙う方も多そうなので、競争は以前よりも激しいかもしれませんね。。

厳しい展開が予想されそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする