【株主優待】1月に一般信用で狙える優待をご紹介

シーズHDの優待廃止、ミサワの優待の改悪により、1月優待はかなり苦戦をしいられそうです。

いくつか取得できそうな銘柄や一部競争が激化する(している)銘柄を含めていくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1月20日優待

1月20日優待といって最初に思いつくのはダイドーグループHD(2590)です。100株以上の所有で自社グループ商品3000円相当が戴けます。

もう1社、タカショー(7590)も20日優待の銘柄です。こちらは株数に応じて株主優待ポイントが戴けます。専用ウェブサイトに登録して、ポイントと商品を交換することが可能です。タカショーは一般信用の在庫数も少なく取得は難易度が高いと言えそうです。

1月末優待

まず、東京ドーム(9681)を一番に挙げます。東京ドームというと巨人の印象ですが、東京ドームシティというアトラクションパークで使えるチケットが戴けます。子連れの方にはオススメの優待です。

※2000株以上で、3年以上の継続保有の場合には野球を観戦できる野球株主証も戴けます。

次に挙げたいのはトーホー(8142)です。トーホーは株数に応じて買い物割引券か自社選定品(もしくは両方)が戴けます。トーホーストアやA-プライスを普段から買い物に利用している方には良い優待になっています。

映画好きの方にオススメしたいのが東京楽天地(8842)です。東京楽天地は株数に応じて、映画の鑑賞が複数回できる優待を戴けます。TOHOシネマズなどで映画を良く見る方は取得できれば、映画鑑賞代が浮くことになります。スバル興業(9632)も同様に映画を見ることができる優待ですが、映画館が限られるので有楽町に行ける人に限ったものと考えた方が良さそうです。

クオカード優待であれば、ネオジャパン(3921)サムコ(6387)が挙げられるが、そこまで良い利回りではない状況です。

あとは、積水ハウス(1928)では魚沼産コシヒカリ5キロが戴けますが、1000株必要なのでご注意ください。

最後に、手数料がほとんどかからないプランであれば、稲葉製作所(3421)、シーアールイー(3458)なども検討材料かもしれません。

ミサワ(3169)は現状でGMOクリック証券(15日短期)でしか在庫が出ていません。優待改悪はありましたが、自社製品5000円相当はそのまま戴けるようですので、タオルや雑貨がお好きな方はぜひ。

スポンサーリンク

最後に

証券会社によっては一般信用の在庫がなかったり、取得が容易ではないものも多々あります。今月に関しては、優待数が少ないので制度信用も含めて検討する必要があるかもしれません。

なお、在庫状況は変わる可能性もありますので、上記に載っていない銘柄が一般信用売りされる可能性もあります。

また内容が変更になっていたり、私が紹介していないものでも、他の方には優れた優待ということもあるかもしれませんので参考程度に見てくださると幸いです。

今年最初の月ですので、良いスタートを切りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする