【12月IPO】裏街道をひたすら進むことに決めた理由

先ほど記述したようにソフトバンクのIPOは資金拘束のない中でSBI証券1社からの申し込みにしました。

しかし、IPO投資を捨てているわけではなく、それが最善だと判断したためです。

簡単に経緯をまとめてみます。

スポンサーリンク

ソフトバンクの全力申し込みの期待値

ソフトバンクの期待値を数値化してみようかと思います。

ソフトバンクはSBI証券からしか申し込みませんが、他のIPOには平幹事を含めて申し込む予定です。もちろん口座開設していない証券会社も多いので、全てというわけではありません。

表裏一体ではありますし、ソフトバンクで利益が出ればそれが皆様にとって一番良いことだと思います。しかし、私のようなネット口座しか開設していない弱小個人が頑張ったところで集まる株数は1000株〜数千株でしょうか・・・

もし、仮に2000株を集められたと仮定すると、

初値が−1万円→20万円の損失

初値が−5千円→10万円の損失

初値が±0円 →手数料負け

初値が+5千円→10万円の損失

初値が+1万円→20万円の利益

初値が+2万円→40万円の利益

初値が+3万円→60万円の利益

となります。

またそれぞれ、どのくらい発生確率があるのだろうと勝手に推測し期待値を算出します。(ご批判は受け付けておりません)

初値が−1万円→5%

初値が−5千円→10%

初値が±0円 →30%

初値が+5千円→30%

初値が+1万円→15%

初値が+2万円→9%

初値が+3万円→1%

としました。

※引受価額がありますので、マイナスはそのラインが意識されるかもしれません。

上記の場合にはマイナスの可能性も含めて、期待値としてみたときには初値は1単元あたり+4100円でしょうか・・・。※あくまで個人の見解からの期待値です。

そうすると、期待値ベースですが2000株の場合には82000円の利益になり、売る場合の手数料等を引かれると利益としては8万円を割り込む期待値となります。

※市況によって大幅に変わる場合もあります。

12月12日追記:市況がかなり悪くなってきました。割れる可能性も高そうです。

その場合に拘束される資金と弊害

当選分だけで15万円x20単元で300万円です。

この300万円という金額は、クロスに回せない可能性がある金額です。(12月25日出金ができて、最終日クロスなら可能ですが、最終日にクロスできる銘柄は限られてくると思います。)

仮に、利回り1%の優待を取得できた場合には、300万円x1%で3万円の優待取得が可能です。(手数料は考慮していません。)

他にも見えない弊害が出てきます。

例えば、複数単元申し込める証券会社でその分の資金拘束が行われれば、当選しない分に関しても抽選までは資金の拘束が行われます。

可能性は低いですが、SBI証券にその分を入れておけばSBI証券のIPOの当選確率は微々たる確率ですが上がります。

もし、主幹事のリンクが当選するようなことがあればソフトバンクの期待値をはるかにしのぐ結果となりそうです。おそらく300万円程度では影響はほとんどないでしょうが・・・気持ちの問題ですね。

当然、私の考える期待値で比較するとソフトバンクに全力で申し込む方が高いんでしょうが、1等が10億円の宝くじを買うか1000万円の宝くじを買うか。という好みの問題かもしれません。(もちろん後者がソフトバンクに全力申し込み)

私は1000万円の宝くじは買わない性格なので、10億円の方を買います。しかも前者(SBIからの申し込み)の場合には優待クロスができるという、『おまけ付き』の発想が可能です。

スポンサーリンク

最後に

簡単に書くとこんな感じですが、ここに行き着くまでが非常に長かったです。

少額投資家さんであれば私寄りの考えの方も多くいらっしゃるのかもしれません。

自分なりの考えを数値化してみてスッキリしました。

ただ、資産によっても答えは違うので、10000株当選するとかの前提であれば話は180度変わってきそうです。

ソフトバンクに全力でBB参加される方のご幸運を祈っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする