【不足金発生】楽天証券のシステムが難しい・・・

楽天証券とのお付き合いは今まで一度も発生したことなかったのに・・・とうとう発生しました。不足金。

余力はありますし・・・最近、楽天銀行を開設したことが原因!?と思っていましたが、どうやら違うようなんです。

皆様はもっと前に既にぶち当たった壁かもしれません。

スポンサーリンク


はじめての不足金

いくつか楽天証券のHP上で、マネーブリッジを含めた改善の報告が出ていたので、『大丈夫であろう。』とタカをくくってみたものの・・・案の定の不足金。

こんな感じです。

詳細のボタンを押しても、詳細らしいものは出てきません。

まず、楽天証券で過去に改善した点を調べてみようと思ったものの、過去のお知らせは消えている!?もしかしたら私の調べ方が悪いだけかもしれませんが見つかりませんでした。

クロスの現渡しが28日、他の取引は29日にもありましたが不足金が発生するような内容ではないと思います。結局、何が原因かが良く分からずに、楽天証券さんにメールで『何が原因で起こった不足金ですか!?』と問い合わせしました。

不足金の理由

不足金の結論としては、売建予想配当金によるものでした。

ん!?売建予想配当金はすでに控除されているような気がしましたが・・・。

クロスによる配当受け取りと支払いのタイムラグがあり、その間に出金するなどして、予想より多かったということ!?とも思いましたが・・・。

どうやら、9月3日よりらくらく担保のサービス開始に伴って、売建予想配当金は

出金余力からは控除されますが、購買余力や新規建余力からは控除されない。

という仕様になっているようです。

以上が楽天証券さんの回答ですが・・・。

もう少し、噛み砕いた方が分かりやすいでしょうか!?

①売建予想配当金は信用売りで権利を跨いだ場合に将来的に支払う必要があるものです。

②将来支払うので、拘束され出金ができないようになっています。(以前より変わらず)

③しかし、その金額分は買付余力や新規建余力からは控除されずに取引はその分多く可能です。。(2018.9.3より)

④よって、ギリギリまで買付けたりした場合には、実際に売建予想配当金を支払うタイミングでは預り金が不足するので、不足金が発生します。

という流れらしいのです。

③が個人的には良くないように感じます。

個人的な意見ですが、なぜこんな仕様になっているのか。わざわざ不足金が発生する仕組みを作っているような・・・。多少のメリットも分かりますが、相当にややこしい仕組みと言えそうです。

実際に何が問題になったかというと、預り金以上の売建配当金がかかってしまったことです。

元々であれば、拘束されていた金額が見えない預り金として機能していたというイメージ!?うーんちょっと違いますね。ただ、今後は預り金を増やしておかないといけないことになりそうです。

また、受け渡し後の信用保証金を不足金発生時預り金に変える必要がある場合には自動で振替られると思っていますが・・・どうなんでしょうか!?これも手動でしょうか。。

スポンサーリンク


最後に

売り建配当に関しては資金拘束をして、余力にも影響しないようにしてもらいたい。と思うんですが、これに対しては違うご意見をお持ちの方も多そうです。

ただ、とにかく分かりづらいと思うのは私だけでしょうか!?

おそらく、電子交付とかで理解したことになっているのかもしれませんが、一語一句をしっかり読んでいる人がどれだけいるのか・・また、私に関しては楽天銀行の開設のタイミングとも重なり、原因を探すのが一苦労です。

慣れるまではもう少しかかりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする