確定申告しなくても良くなるかもしれない技!?

特定口座(源泉徴収あり)で口座開設している方が多いと思いますが、複数の証券会社でお取引している方は是非読んでみてください。

多くの方が選択している特定口座(源泉あり)の場合には、移管をすることでもしかしたら確定申告が不要になるかもしれません。

スポンサーリンク


複数の証券会社で損益がある場合は本来は確定申告で損益通算をする

標記の通りですが、本来は確定申告をすることで損益通算されます。そして損益通算されることで払いすぎの税金が還付されます。

もちろん特定口座(源泉徴収あり)であれば確定申告の義務はないのですが、確定申告をした人だけが受けられる特権の一つでもあります。

例えば

A証券では年間で100万円の利益(特定口座で約20万円の税金徴収)

B証券では年間で80万円の損失

が出ている場合は、

損益通算をすることで、トータルの利益は20万円になり、その利益に対してかかる4万円の税金で済むようになります。よってA証券で払った税金の20万円のうちのおよそ16万円(払いすぎた分)が確定申告をすることで還付されます。

一つの証券会社でしか取引をしていない場合でも

少し余談にはなりますが、一つの証券会社で取引していたとしても

・年間で利益が出ている場合には、含み損の株を売ってしまう。

・年間で損失が出ている場合には、含み益の株を売ってしまう。→再度買う。

ということで、多少節税効果は出てくる場合があります。

再度買う場合には、信用買いにしておいて、日をまたいで現引きした方が良かったりもします。

また、手数料をもう少し支払えばほかの方法もあるのかもしれません。

移管が使えないか?

複数の証券会社で取引をしている場合で確定申告の手間を省きたい。

そんな思いから、移管が使えないかと考えました。

※移管手数料が発生するケースもありますので、移管手数料は各証券会社でご確認ください。

いくつか具体例を挙げてみます。

ケース①

A証券会社で年間損失が20万円

B証券会社では年間収支が0円

なお、B証券で10万円の含み益の銘柄があり売却予定

この場合には通常通りB証券で売却した場合には、B証券の年間利益が10万円となり、特定口座の場合は約2万円の税金が発生します。これを取り戻そうとする場合には確定申告が必要になります。

しかし、B証券からA証券に移管してから売却の場合はどうでしょうか。

その場合は、A証券内での年間損失が10万円という形になるために、確定申告をしなくても自動でA証券内で損益通算されます。

※移管手続き中に株価が大きく変動する可能性があります。

※この場合には3年間の繰越控除を受けるための確定申告は必要です。

ケース②

A証券会社で年間利益が20万円

B証券会社では年間収支が0円

なお、B証券で10万円の含み損の銘柄があり売却予定

この場合には通常通りB証券で売却した場合には、A証券の年間利益が20万円となり、特定口座の場合は約4万円の税金が発生します。これを取り戻そうとする場合には確定申告が必要になります。(実際には確定申告をすることで2万円が戻ります。)

しかし、B証券からA証券に移管してから売却の場合はどうでしょうか。

その場合は、A証券内での年間利益が10万円という形になるために、確定申告をしなくても税金は2万円安くて済むようになります。

※移管手続き中に株価が大きく変動する可能性があります。

スポンサーリンク


まとめ:移管は使える

色々な証券会社で取引をしている人であれば、様々な含み益・含み損の銘柄があると思います。

先ほど2つのケースを挙げましたが、大きい利益や損失が出ている場合でなければ、上手く移管を利用すれば「確定申告をしなくてもいいや」と思える税金まで抑えることもできるかもしれません。

ケースにより使えない場合もありますので万能ではないです。しかし、確定申告が面倒でしていない人がいらっしゃれば検討材料にはなると思います。

確定申告はどうしても面倒で毎年していない。という方は、ちょっとした手間で数万円以上得するかもしれません。

ただし、確定申告をしないと3年間の繰越が受けられません。翌年以降に幾らか多く戻る可能性もありますので、基本的には確定申告をする方が良いと思います。

あくまでも一つの方法としての話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする