【映画が見られる】東京楽天地(8842)株主優待到着〜2018年7月優待内容紹介

2018年7月優待の株式会社東京楽天地より株主優待が到着しましたのでご紹介いたします。

到着日:2018年10月20日

スポンサーリンク


基本情報は以下のようになっております。

株式会社東京楽天地(8842)

1月末日・7月末日が権利日になります。

事業内容:映画事業、不動産事業(錦糸町)

※最新の株価はコチラ(リンク先:Yahoo!ファイナンス)

優待内容

2018年7月の優待内容は以下のようになっております。

  7月末・1月末
100株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用)0.5シート

200株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主カード(ファミリーカード)1枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:東宝系映画劇場共通)0.5シート

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用)0.5シート

300株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主カード(ファミリーカード)1枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:東宝系映画劇場共通)0.5シート

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用) 1シート

400株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主カード(ファミリーカード)1枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:東宝系映画劇場共通)1シート

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用)1シート

500株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主カード(ファミリーカード)1枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:東宝系映画劇場共通)1シート

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用)2シート

1000株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主カード(ファミリーカード)2枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:東宝系映画劇場共通)2シート

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用)3シート

3000株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主カード(ファミリーカード)3枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:東宝系映画劇場共通)4シート

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用)6シート

10000株以上

株主カード(ご本人カード)1枚

株主カード(ファミリーカード)3枚

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:東宝系映画劇場共通)8シート

株主ご優待券発行シート枚数(半年につき:自社直営劇場通用)12シート

1シートっていうのは半年で合計6回映画が見られる(今回は11〜12月で2回、1〜2月で2回、3〜4月で2回)っていうことです。ペアでも見られますが、その場合には2回分を一気に消化します。

今回私も400株の取得でしたので、以下のものをいただいております。

招待券は重なってB券3枚しか写っていませんが、A券・B券それぞれ6枚ずつあります。

奥様名義で別途200株取得しているので、2ヶ月に1回3人で映画が見られるようになります。アンパンマンやディズニーの映画などで利用しようかと・・。

スポンサーリンク


まとめ

一般信用売りはそこそこ人気の優待でした。

一人で映画に行くぶんには100株でもいいかもしれませんが、劇場が限られてしまいます。一般的には実際には200株が最低条件で、ペアの場合には400株が最低単位になりそうな優待です。

ちなみに株主カードには名前が書いてありますし、有償譲渡の場合には次回はカードが発行されません。ご注意下さいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする