面倒だけどはじめました〜議決権行使書のポイ捨ての前に

ずっと面倒だけどどうしようかなぁ。と思っていたことがあります。

それは、株主番号の管理です。

皆様はしていますでしょうか!?

スポンサーリンク


背景

一つ一つの銘柄毎に株主番号を管理していくのはとても面倒だと思っていました。

しかし年間で数百個の株主優待をいただく中で、昨今の株主優待の長期優遇の乱立もあり、株主番号の把握をしておいた方が有益な情報が提供できるのではないかと考えたのがきっかけです。

とは言え、株主番号の管理や端数株投資を始めたばかりなのでもしお役に立てるとしても早くても半年以上先になってしまいます。半年以上先に有益な情報を提供できたとしても、皆様が恩恵を受けられるのは更にその先になります。

よって、ある程度の覚悟を持って取り組む必要があることと、単純に面倒な作業だと思っておりました。一応半年以上前の2月優待(5月到着〜)からスタートしています。

長期保有のためには同一株主番号が必須!?

「半年毎のクロスで長期条件の優待がもらえなかった」ということがあった場合、原因は様々考えられます。

・同一株主番号ではなくなった

・同一株主番号だったが、途中で端数株しか所有していなかった。

・クロスをする証券会社が変わった(基本、株主番号は変わらないと思いますが)

・人為的ミス

等々です。

人為的ミス等は非常に難しい問題ですが、「同一株主番号ではなくなった」場合には、番号が変わった原因が分かればいいと漠然と思います。

銘柄毎にその原因は異なることもあると思います。それに対して、解決策を考える→実践する。という根気のいる作業をゆったりと始めようと考えております。

・半年毎のクロスでは株主番号が変わらないのか!?(変わらなかった会社をデータとして蓄積)

・3月と9月の株主番号は変わってなくても、翌年の3月に変わったりすることはないのか!?

・クロスをする証券会社を変えても株主番号が変わらないのか!?

・端数だけを持っていれば株主番号は変わらないのか!?

等々です。

もちろん人為的ミスもあると思うので、100%の検証はできないですがある程度の理由は分かっていくかもしれません。

企業毎に違ったりもしますので。。

スポンサーリンク


最後に

信託銀行によっても結果が変わる可能性があるかもしれません。

もっと言えば、企業の考え方次第で変わってしまうという極論ですが、そこも考えないようにします。

少しでもデータが蓄積できて、今後の参考になればと思っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする