【ちょっと難しい内容】取得単価を下げて余裕資金捻出・・・他にも策を!?

先日お伝えしていた件ですが、ブロードリーフの取得単価を下げました。

以前の投稿を読んでいないと何の事だかわからない内容になりますので、ご興味があれば、こちらをご覧の上でお読みください。

最後の方は特に、考えないとわからない内容になっているかもしれませんので、頭が冴えている時にお読みください。

スポンサーリンク


一応作業を終える事で、買い付け余力が10万円以上増えました。

※平均を取るので、費用をかけずにできるのは半分程度の効果しかなかったですが。

差金決済と株価が下がり続ける可能性を懸念して、所有株の半分ずつ(下がり続ける場合には1/3ずつがベスト?)を日にちを分けて対応しました。

しかし、一つ誤算があったのは、信用取引だけで終わる作業ではなく、新たに現物株にしたものに関しては、代用にできないことでした。

前からそうでしたっけ!?普通に現引きした時点で信用余力に影響していたように感じるんですが・・気のせいかもしれません。

本日は多少リバウンドしていますので、対応はしません。また下がるようなことがあれば対応したいと思います。

ここからはさらに人がしない行動かもしれません。

まずは一旦19日発表のSBI証券主幹事案件のために一旦移管をしようと思っています。(カブコムの出金余力を増やすため)

そして、私がブロードリーフのクロスを売り建てた1ヶ月後の管理費がかからないタイミングぴったりで株価が以前より低くなっていることを前提に、

再度売り建てができれば楽天証券で現物を再手配し、以前の売り建て玉は現渡しをしても良いかと思っています。

意味が分からない方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に噛み砕きます。

・管理費はかからないので、一般信用売りの手数料は実質200円ちょっと

・株価が安くなっているので、今後かかる貸株料は安くなるといった具合です。

株価の違いが10円とかならやる必要はないと思っていますので、私の場合には700円程度になっていればです。

※1株800円以上で売り建ててしまった方は大いに検討材料ではないかと思います。

スポンサーリンク


一旦移管して、上記ができなかった場合には、今後はおとなしくするだけです。

こんなことを考える必要があるのは、早くクロスしすぎたってだけなんですが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする